石原さとみ、結婚発表後初の公の場 「ありがとうございます」と照れ笑い

dwango.jp news


女優の石原さとみが13日、都内で行われたSanten「ヒアレイン®S」新CM発表会に出席した。

結婚発表後初の公の場となる石原。司会から「ご婚約本当におめでとうございます」と祝福されると「ありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします」と照れ笑いを浮かべ「今日はちょっといつもより緊張しています」とはにかんだ。



商品にちなみ、普段の涙腺について聞かれると石原は「弱いほうだと思います。それこそドラマ観ても映画観ても、音楽聴いても結構すぐグッとくるほうですね」と明かし、普段から涙を流すことも多いと語った。また、「一番悔しくて泣いたこと」に関して石原は「アフリカに行ったことがあって、そのときに自分の何もできない無力感や、情けなさを感じた」と回顧。帰りの飛行機の中では、自分の人間力のなさや無力感に、悔しく情けない思いだったといい「飛行機の中でずっとボロボロ涙が出ていた気がします」と明かした。

さらに石原は「あの経験が、勉強しようとか、知識をつけようとか、知らないことが多すぎる自分なんだな、と知ったきっかけだったので、その先の生き方がすごく変わっていった気がします」としみじみ語った。

「涙を流すこと」はどういうことだと思うか、という質問には「15歳からこのお仕事をしていて、10代の頃は泣いている自分を客観視していたんです」と切り出し、30歳を越えてからは主観的に、素直に涙を流せるようになったと変化を告白。「流そうと思って流す涙よりも、流れていってる涙が多くなっているので、自分の内の素直さが、年齢を重ねていくうちに増えていっているような気がして。涙を流している自分も嫌いじゃないなと思います」と涙への思いを明かした。

イベントでは、10秒間まばたきを我慢するという『10秒まばたきチャレンジ』も行われた。石原は「10秒間って結構長いですよね?想像以上に長いですよね」といい「できなかったらどうしようって焦りもあるんですけど(笑)」と少し自信なさげ。しかし、10秒のカウント中は、真剣にカメラを見つめ、チャレンジは無事に成功。石原は「ギリギリ!泣きそうです(笑)よかったです成功して!」と笑いながら胸を撫で下ろしていた。

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ