波瑠主演『#リモラブ』ドSな産業医が恋した相手は…!?今夜放送スタート

dwango.jp news


波瑠が主演を務めるドラマ『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』が、今夜22時より日本テレビにて放送スタートする。

本ドラマは、コロナ渦において産業医として奮闘する主人公・大桜美々がSNSで出会った相手に久しぶりに恋をする、というラブコメディ。



波瑠が演じる主人公・大桜美々は、産業医として「社員よ健やかに生きやがれ」をモットーに、社員たちの健康を守るために忙しい日々を送っている。鋭い観察力と洞察力によって、社員それぞれ置かれている状況や悩みや隠したい事柄を見抜き、健やかな道へと導いてゆくが、会社の実情や忖度は受け付けない完璧主義。その口うるさくドSなやり方は社内から“診療室の独裁者”と恐れられているというキャラクターだ。

物語は、そんな美々が恋することで動きだす。しかもそのお相手は、オンラインゲームで出会った“檸檬”という人物。美々は自らを“草モチ”と名のり、オンラインゲームで出会った名前の顔もわからない“檸檬”という相手にSNS 上でうっかり話しかけたことで、恋は始まっていく。

そのお相手はなんと、社内にいるらしいということが発覚。その恋の相手の容疑者は5人。松下洸平が演じる弱気だが誠実な人事部員・青林風一、間宮祥太朗が演じる社内イチの甘え上手・五文字順太郎、高橋優斗HiHi Jets/ジャニーズ Jr.)が演じるキラキラ新人看護師・八木原大輝、渡辺大が演じるトラブル起こしがち営業部・岬恒雄、そして及川光博が演じるラテンな昭和のオヤジ・朝鳴肇だ。

相手は顔も名前もわからない…しかし、どうやら社内にいる…!という前途多難な恋…。「美々が恋した相手は誰なのか?」その相手を予想するのも非常に楽しみである。

さらに、本ドラマは“コロナ後”を描いたドラマということで、公開されている予告編では、出演者たちがマスクをしている姿や「ソーシャルディスタンス!」と話す姿が描かれており、新しい生活様式をいち早くストーリーに盛り込んでいるところにも注目が集まる。

第1話あらすじ

半年前―。鐘木パルプコーポレーション“通称カネパル”の産業医、大桜美々(波瑠)は、新型ウィルスの脅威の中、全社員 1129 人の健康を管理する忙しい日々を送っていた。新人看護師の八木原(髙橋優斗)を連れ、社員のマスクや手洗いの不備を見つけては、厳しく注意する。

高熱にも関わらず、仕事のために出勤した営業部の岬(渡辺大)を帰宅させる美々。

「命より大事なものがありますか」

当初は美人すぎる産業医と評判の美々だったが、今や健康管理室の独裁者と言われていた。人事部で残業していたのを美々に注意された朝鳴(及川光博)と青林(松下洸平)、五文字(間宮祥太朗)が噂する。「彼氏とかいないんですかね?」「いないだろあれは。ぼっちだぼっち」恋愛から遠ざかる美々には、上から目線で男を食べものに例えるクセがあった。しかし、自粛下の生活で「一人でも平気」の気持ちに変化が…。

精神科医の富近(江口のりこ)からストレス解消にと薦められたオンラインゲーム上で会話した人物に恋をしてしまう。ところがなんとその相手が社内にいるとわかり…!?

注:高橋優斗の「高」ははしご高が正式表記。

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ