古川雄大“不思議さん”キャラしぶしぶ認める!自分が「なかなかつかめていない」

News Lounge

2015/7/21 13:14


 俳優・古川雄大(28)が19日、東京・虎ノ門のポニーキャニオン本社でDVD『裸の時間~若き才能~俳優・アーティスト 古川雄大』(ポニーキャニオン)発売記念イベントを開いた。

『エリザベート』などを始め数々の舞台に出演する一方で、ミュージシャンとしても活躍する古川の休日プチ旅行に密着。意外な素顔や知られざるエピソードなどが楽しめる仕上がりとなっている。昨年10月末から11月にかけて撮影されたという。

登場するなり「裏(楽屋)が寒くてブルブル震えながらでしたが、ここ(会場)に来たらみなさんの熱気と“あれ”がすごくて興奮しています」と、“あれ”の説明はないふわっとした会話からスタートさせ、ファンを沸かせることに。

撮影は密着形式となり、それで疲れたかと問われた古川は、「結構自由で着飾ったきみでいてくれじゃなくて、『自由な君でいてくれ』という感じだったので疲れないでいけました」と、自然体で臨めたようで、本作の見どころへは、「舞台の裏側が見れるから、ラッキーじゃないかと思います。日常を観て頂けたらと思います」と、アピール。ただし、本作を観ていないファンへは、「観てこいよ(笑)!ウソですよ」と、ツッコミを入れることも。

話題は古川が“不思議さん”なのかどうかという方向へ向くと、「不思議さんだと僕のことを思っていると思いますけど、“何とか星から来た”ということではなく気分によって自分の性格が違うんじゃないかという感じの不思議です。28年この体で生きていますけど、なかなかつかめていない。そろそろつかめないといけないんですけど」と、言った後、「こういうこと言ってるのが不思議さんなんですよね」と、苦笑い。

そこでファンへ緊急アンケートを取ることとなり、「ぶっちゃけて、僕、古川雄大は不思議さんだと思う方?」と、会場に問いかけると、約5割が手を挙げたことに、「僕もう帰っていいですか?」と、ちょっぴり悲しそうな顔を浮かべつつ、「分かりました。不思議さんを受け入れます」と、しぶしぶ認めていた。

休日の過ごし方については、お笑いコンビ『さまぁ~ず』が大好きだそうで、楽屋でもライブDVDを流し、生まれ変わったら『さまぁ~ず』になりたいくらい好きだそうだが、仲良くしている俳優・久保田悠来(34)が『内村さまぁ~ず THE MOVIE エンジェル』に出演したことに「羨ましい。この前もメールで、『ああ、みむっちのことね』と来て、もうそんなところまで行ってるのか…。その後、うそだとは来ましたけど」と、少し悔しがる姿も。いつか共演を夢見ているようだが、「人を笑わせるってすごい難しいと思いました。コメディをやってみてすごく分かりました」と、現実もしっかり見据えながら話していた。

DVD『裸の時間~若き才能~俳優・アーティスト 古川雄大』は3800円(税抜)で好評発売中!

当記事はNews Loungeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ