伊東美咲のセレブ夫が銀座のクラブで“激アツアフター”! 女好き直らずも離婚の可能性は……

日刊サイゾー


 第二子出産のために再び産休に入った女優・伊東美咲の夫が、銀座のクラブホステスとのアフターを楽しみ、オカマクラブでの“激アツツーショット”が目撃されたという情報を、親しいクラブ店長から入手した。

「5月下旬に、銀座8丁目の博品館裏にあるオカマクラブ『G』で、アフターに来ていた伊東美咲の旦那が、一緒に来たホステスと、ほかにお客がいたにもかかわらず、べったり寄り添っていた。女グセの悪さは相変わらずですね」

伊東は2009年11月に、年商2,000億円といわれる大手パチンコメーカー「京楽」の榎本善紀社長と結婚。業界内外から“セレブ婚”と羨望のまなざしを向けられた。しかし、その実態が幸せな夫婦生活といえるかは疑問だった。

10年に第一子を出産、長女が1歳になった頃に、夫の実家がある名古屋から都内一等地のマンションに移って、長女の英才教育に励んでいた伊東。だが、新婚当初から榎本氏は仕事柄、国内外への出張が多く、月の半分くらいしか家におらず、半別居状態が続いていた。加えて、大の浪費家でキャバクラ好きだ。

筆者が知る限りでは、最近ではキャバクラより、銀座の高級クラブに頻繁に出入りしていたようだ。ホステスたちを、京楽が経営する銀座8丁目のステーキハウスに食事に連れて行っては大盤振る舞いしていたのだ。その中には、怪しい関係の女性も何人かいたという。根っから女遊びが好きな男らしい。

 昨年5月には伊東が「子育てが落ち着いた」という理由で芸能界復帰を宣言したが、半別居状態だったことから、「これは離婚への準備では?」との臆測も呼んだ。ところが、この頃から榎本氏の女遊びのウワサは聞こえなくなり、伊東は今年3月に第二子の妊娠を明らかに。夫婦の営みはしっかりこなしていたということだから、関係も良好に戻ったのかと思われた。

ところが、前述のようにその後、榎本氏の女遊びは復活したようだ。ソレとコレとは別ということか。京楽は吉本興業のスポンサーだけでなく、AKB48のスポンサーとしても知られているが、今のところ榎本氏とAKBのメンバーのウワサが出てきていないだけでも救われる。

伊東は離婚の危機がウワサされたとき、親しい知人に「経済的なこと、子どもの教育環境、それから夫の実家との良好な関係が維持できれば、もうそれでいいんじゃないかと思うようにした」と語っていたという。もはや、あきらめの心境かもしれない。セレブ婚とうらやましがられたものの、普通の女の幸せは得られていないようだ。

当記事は日刊サイゾーの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ