「尿とか便とかを全部垂れ流し」安西ひろこ、パニック障害に悩まされた13年間の闘病生活を告白

サイゾー



 1日に放送された『解決!ナイナイアンサー2時間スペシャル』(日本テレビ系)に安西ひろこが出演、パニック障害に苦しめられた過去を語った。安西は「芸能界から消えた美女」として同番組に登場。かつて、10代を中心に絶大な支持を受け、「ギャルのカリスマ」といわれていた安西だが、バラエティなどで活躍していた最中の2001年に活動を休止し、その理由をめぐってさまざまな憶測を呼んでいた。


 パニック障害というのは、突然の動悸や呼吸困難、発汗などとともに強い不安感や恐怖をともなう発作が起きる病気。安西は、このパニック障害を13年もの間患っていたという。90年代後半、ファッション誌のモデルとして活躍していた当時はほとんど休みがなく、朝4~5時から深夜2~3時まで働いていたというから、殺人的なスケジュールだったようだ。


 さらに当時、結婚まで考えた恋人と破局したことで、多忙と孤独に一気に襲われた安西。01年、ドラマの撮影中に「天と地がひっくり返った感じ」で倒れてしまい、病院へ緊急搬送され、医師からパニック障害の可能性があると告げられたという。「自分の人生を仕事にかけていた」という安西は、それをきっかけに芸能活動を休業、実家に戻ることになるが、数カ月はまともに食事がとれずに体重は30キロ台にまで落ちてしまうなど、心身ともにボロボロだったようだ。


「床がゼリー状になっているみたい」と正常に歩くことができなくなり、「トイレまでほふく前進で行っていた」という安西。そのうち、部屋から一歩も出られなくなり「尿とか便とかを全部垂れ流し状態」にまでなってしまったという。また、「いいじゃんもう、死んじゃいなよ」という“悪魔の声”が毎日のように聞こえてきたといい、幻聴にも苦しめられていたようだ。



 安西は当時のことを「自分の中では地獄みたい」と振り返っていたが、母の支えもあって発症から3年目にはようやく外に出る練習を始められるようになる。しかし、「人がいると怖くなる」ため、人がいない時間帯に外に出たり、あまり人通りのない道を選んでおり、めまいに襲われるたびにしゃがんで休むなど、本来なら5分で着く駅まで1時間以上かかっていたという。


 駅に着いても、どうしても電車に乗れなくて見送ったり、電車の中で「胸がドキドキし始めて、呼吸が荒くなって」1駅で降りてしまうこともあったという安西。当時のことを、普通の景色が「一歩一歩超えなきゃいけない壁に見えた」と語っており、2駅離れた母の職場まで行けるようになるには、ようやく電車に乗れるようになってから2年もかかったという。


 その後、08年にモデルとして芸能界に復帰したが、「自分のキャパっていうのがわからない」という安西は無理をしてまた体調を崩してしまい、結局は再び休業状態に戻ってしまうことに。しかし、それから数年を経て、同番組では「今でもファンでいてくださる皆さんに、復帰して喜んでいただければいいな」と復帰を宣言。スタジオにも登場し、「今は薬もやめていて体調も万全」と今後の活動に意欲を見せていた。


「全盛期は『ViVi』(講談社)などのファッション誌で人気を博していた安西は、今の南明奈今井華のようにオシャレなヤンキーキャラの女性タレントの先鞭をつけた存在といえます。結果的に、20代のいい時期を闘病生活に費やし、安西は現在35歳になっていますが、久々の登場にネット上では『相変わらずきれい』『自分のペースでがんばってほしい』という声が上がっています。変わらない容姿については『まだグラビアもいけるのでは』という見方もあるぐらいですよ。パニック障害は、IKKO大場久美子など芸能界にも苦しんだ経験を持つ人が多いですが、安西が今後順調に活動することによって、同じような病気を抱えている人の希望にもなりますから、今後の活躍に期待したいですね」(芸能ライター)


 番組放送後、ブログで「7月1日より復帰させていただきますのであたたかく見守ってくだされば嬉しいです」と改めて復帰を宣言した安西。同記事には、「私も8年患ってる」「1人じゃないよ」など、同じ症状を患っている人たちから共感と激励のコメントが200件以上寄せられている。13年間にもおよぶ長い闘病生活は、本人にとってはつらい経験には違いないが、今後の芸能活動を通してパニック障害に悩む人たちなどにいい影響を与えてほしいものだ。

(文=津本ひろとし)


※イメージ画像:『バルドーの告白』角川春樹事務所

当記事はサイゾーの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ