テレビ東京の紺野あさ美アナウンサー、ノイローゼか(1/2)


テレビ東京の紺野あさ美アナウンサーが4月から事実上の休職状態となっている。

同局の高橋雄一社長は24日、定例社長会見で紺野アナについて「疲労の蓄積による体調不良で自宅療養中」と説明。

しかし、先月で担当スポーツ番組「neo sports」を降板したこともあって、その裏側ではさまざまなウワサが飛び交っている。

1つは広島カープ野村祐輔投手との熱愛が発覚したことで「心身的ショックを受けたのではないか」という説。

また一方では、業界初の「モーニング娘。」出身の女子アナとして期待されながら伸び悩み「周囲からのプレッシャーに押し潰され、精神的に追い込まれてしまった」と指摘する声も出ている。

だが、さらに突っ込んだ取材を続けてみたところ、驚くべき真相が判明した。紺野アナと野村は、すでに破局してしまったというのだ。テレビ東京の関係者が声を潜めながら、こう打ち明ける。

「実を言うと紺野は野村からフラれてしまった。そのショックがかなり大きく情緒不安定になってノイローゼになり、休職へと追い込まれてしまっている。ただし正確に言うと、非は紺野のほうにあるようだ。紺野と野村は遠距離恋愛だったが、実はその陰で紺野がDeNAベイスターズ三嶋一輝投手とネンゴロになっていたことが野村にバレてしまい、両者の関係は一気に冷え込んでしまった。野村は紺野をさっさと見限り、今はタレントの磯山さやかとデキているとのこと。紺野は野村と結婚する気持ちを固めかけていたにも関わらず、軽い気持ちで"浮気"してしまったことが原因で関係がプッツリ切れてしまったから、自宅ですっかり寝込んでしまっているそうだ」
続きはコチラ

著者プロフィール:四海方正
プロ野球やメジャーリーグをメインに取材活動を続けているスポーツライター

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス