NMB48の第3弾シングル「純情U-19」のテーマとは?

読めるモ編集部

2014/2/12 20:17


「純情U-19」はチームMが結成されてからの初のシングルリリースとなりましたが、NMB48としては3枚目になります。選抜メンバーは前作から3人入れ替わりました。木下百花が初の選抜入りを果たして、近藤里奈と渡辺美優紀が選抜復帰を果たしました。

この楽曲のキャッチコピーは「ひとつくらい、守るものがあったっていいじゃないか!」といったものです。歌詞には純情を守るために「鉄のパンツ」というフレーズが話題になりました。

初めのタイトルは「純情U-18」としていましたが、秋元康が最年長の山田奈々が19歳ということでタイトルを「純情U-19」に変更しました。

ミュージックビデオではスペースサーカスをイメージし、メンバーがパントマイムに挑戦しています。他にも宙を舞う演出や人間大砲などインパクトのあるミュージックビデオに仕上がりました。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ