「DA PUMP」からKENが脱退、結成当初からのメンバーはISSAのみに。

ナリナリ.com

2009/12/6 04:22

ダンスヴォーカルユニット「DA PUMP」のメンバーで、長年ラップを担当してきたKENの脱退が公式サイトで発表された。KENは結成当初からのオリジナルメンバー。今回の脱退により、オリジナルメンバーはISSAのみとなる。

「DA PUMP」は1997年、沖縄出身の4人組としてデビュー。アイドルばりのルックスと、ISSAの高い歌唱力、パワフルなダンスで一躍人気グループとなった。しかし、2005年にメンバーのSHINOBUが飲酒運転で事故を起こし、謹慎と活動自粛を経て2006年4月に脱退。3人体制で再出発したものの、2008年12月にはYUKINARIが脱退し、それと入れ替わるように新たに新メンバー7人を迎え、2009年は9人体制で精力的に活動をしていた。

今回のKENの脱退理由について、公式サイトでは「活動を継続していく中で方向性の相違が生じ メンバー、スタッフ一同話し合った結果」と説明。併記されたKENのメッセージではこれまでの経緯についても触れ、「DA PUMPメンバーとしてISSAと二人になっても『二人で頑張っていこう』と励まし合ってきた」ものの、「ISSA自身と幾度となくDA PUMPについて話を進めていくうちに、思想や音楽的な方向性の違いが生じ、話し合いの結果『脱退』に至りました」とつづっている。

また、KENは「新しいDA PUMPを応援していこうと決めたみんなには不安な想いをさせてしまう事を本当に申し訳なく思います」と、脱退という選択をせざるを得なかった、苦しい胸中を告白。謝罪の言葉とあわせ、これまで応援してくれたファンに感謝の気持ちを伝えている。

なお、今後の活動については「個人『奥本健』としては変わらず音楽活動やDANCEに携わっていく活動を続けていきつつ、若い可能性達の育成や、共に音楽制作が出来れば」と考えているという。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ