26日 東海から西で真夏日続出 湿度アップで夏の蒸し暑さ 熱中症に注意

日直予報士

きょう26日(火)は、東海から西で最高気温30℃以上の真夏日が続出する見込みです。湿った空気の影響で湿度も上がり、各地で夏に戻ったような蒸し暑さになるでしょう。

●「秋」から「夏」へ 季節逆戻り

きょう26日(火)は、本州付近には南から暖かく湿った空気が流れ込むため、各地で蒸し暑い空気に入れ替わりそうです。

予想最高気温は東海~九州で30℃以上の所がほとんどで、関東でも30℃くらいまで上がる所が多いでしょう。真夏日(最高気温30℃以上)になるのは全国で200地点ほどになる見込みです。

各地、最高気温はきのう25日(月)と同じくらいですが、湿度はきのうより上がりそうです。「秋」のカラッとした陽気から「夏」の蒸し暑さへと季節が逆戻りするでしょう。

北陸や東北の最高気温は25℃~27℃くらい、北海道は21℃~23℃くらいで、平年より高い予想です。

●熱中症情報 関東以西は「警戒」や「厳重警戒」

きょう26日(火)の熱中症情報は、九州や四国で「厳重警戒」、中国地方~関東にかけては「警戒」となっている所がほとんどです。沖縄は最高レベルの「危険」となっています。

湿度が高いため、汗が蒸発しにくく、体に熱がこもりやすくなります。また、蒸した空気に包まれると、夜にかけてもあまり気温が下がらない特徴があります。関東から西では今夜は少し寝苦しくなる所がありそうです。

●熱中症予防のポイントは?

熱中症を予防するには、以下のポイントを心がけてください。

①日頃から体調管理を心がけましょう。朝など時間を決めて、毎日体温を測定したり、健康状態をチェックしたりすることにより、体調の変化に気づくことができます。

②できるだけ暑さを避けて、喉が渇く前から水分補給を心がけましょう。なるべく涼しい服装を心がけ、日傘や帽子も活用するのが効果的です。入浴の前後や起床後も、まずは水分を補給しましょう。汗を大量にかいた場合は、水分だけでなく、塩分補給も忘れないでください。

③暑さを我慢せず、エアコンを使って室内の温度を適度に下げましょう。室内に温度計を置き、こまめに室温を確認しながら調節するとよいでしょう。

もし、少しでも体調が悪いと感じたら、無理をしないで自宅で静養することが必要です。高齢者や子ども、障がいのある方は、特に熱中症になりやすいので、周りの方が気を配るなど、十分ご注意ください。

運動会の練習など、屋外で体を動かすことが多くなる季節なので、くれぐれも無理のないようにしてください。

当記事は日直予報士の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ