『葬送のフリーレン』新キャラ発表! “大魔法使い”フランメは田中敦子、“腐敗の賢老”クヴァールは安元洋貴に決定

クランクイン!

 9月29日より放送スタートのテレビアニメ『葬送のフリーレン』(日本テレビ系)より、2人の新キャラクターとキャストが発表された。

本作は、山田鐘人(作)とアベツカサ(画)による同名漫画(小学館「週刊少年サンデー」連載中)をアニメ化。勇者とそのパーティーによって魔王が倒された“その後”の世界を舞台に、勇者と共に魔王を打倒した魔法使いフリーレンと、彼女が新たに出会う人々の旅路が描かれていく。コミックスは既刊10巻で累計発行部数880万部を突破し、2021年には「マンガ大賞2021」大賞、「第25回手塚治虫文化賞」の新生賞を受賞するなど、漫画ファンの間で旋風を起こしている。

テレビアニメの初回エピソードは、『金曜ロードショー』(日本テレビ系)にて9月29日21時より2時間スペシャルとして放送、以降のエピソードは日本テレビ系に10月から新設されるアニメ枠にて毎週放送されることが決定している。

主人公フリーレン役は種崎敦美、フリーレンと共に魔王を倒した勇者パーティー、勇者ヒンメルは岡本信彦、僧侶ハイターは東地宏樹、戦士アイゼンは上田燿司が演じる。

この度、2人の新キャラクターと演じる声優の情報が解禁された。まずは、主人公・フリーレンの師匠(せんせい)で、歴史において英雄と称えられる大魔法使い・フランメ。もうひとりは、自身が編み出した「人を殺す魔法<ゾルトラーク>」を駆使し“腐敗の賢老”の異名を持つ魔族・クヴァール。この2人は、9月29日に金曜ロードショーで放送される初回2時間スペシャルに早速登場する。

そんな2人のキャラクターを演じる声優も発表に。フランメ役は、『攻殻機動隊』シリーズの草薙素子役や『名探偵コナン』メアリー・世良役などを務める田中敦子。クヴァール役は、『BLEACH』シリーズの茶渡泰虎役、『鬼灯の冷徹』鬼灯役などで知られる安元洋貴に決定した。

田中は、出演に対し「魔族に全てを奪われ強い憎しみを抱くようになった2人。共通の感情で結ばれたこの師弟が、どのように戦い方を指導し、習得していくのかが見どころのひとつになっていますので、最後までお楽しみ頂けたら嬉しいです」とコメント。安元は「静かに燃えるといいますか、熱いドラマがコアの部分にしっかりとある作品。アニメも、漫画も、皆さんに楽しんでいただけたらと思います」と呼びかけた。

アニメ『葬送のフリーレン』(小学館「週刊少年サンデー」連載中)の初回エピソード『葬送のフリーレン 初回2時間スペシャル ~旅立ちの章~』は、『金曜ロードショー』(日本テレビ系)にて9月29日21時放送(一部地域を除く)。以降のエピソードは10月より日本テレビ系新アニメ枠にて毎週放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ