宅間孝行新プロジェクト、タクラボ第2弾 東貴博、浜谷健司、橋本真一らで舞台『WHAT A WONDERFUL LIFE!ー素晴らしきかな人生ー』を上演

SPICE



2024年1月9日(火)~1月14日(日)シアターサンモールにて、舞台『WHAT A WONDERFUL LIFE!ー素晴らしきかな人生ー』が上演されることが決定し、出演者も発表された。

本作は、宅間孝行によるプロジェクトで、宅間 laboratory(たくま 実験室/研究室)=タクラボの第2弾公演だ。タクラボとはlaboratoryの名通り、小劇場を実験室に見立て新しい演劇を実験的に上演しようという試みで立ち上げられた。宅間が小劇場で上演という原点に返りつつも、演劇の新しい可能性を探るべく動き出し、第1弾公演を2023年5月に上演、そして、今回、早くも新たな公演をおくる。

第2弾は東京セレソンDX時代から続く伝説のオムニバス ストーリー。あなたに人生の素晴らしさを訴える、宅間孝行初期の作品。今回、宅間は演出に徹し、大実験を行う……とのこと。

出演者は、宅間のファンと公言する東貴博を主演に迎え、タクラボ第1弾から連続出演のハマカーン浜谷健司、宅間作品初出演の橋本真一が出演。また、宅間作品でお馴染みの横山涼、大薮丘、竹内茉音も参加。そして、ワークショップオーディションを勝ち抜いたフレッシュな俳優達が揃った。
【STORY】
「時間がない!」をテーマにした4本立てのオムニバス作品
シチュエーションを
「春の中山競馬場」「夏の花園神社」
「秋のヤクザの組長の邸宅」「屋台のある冬の公園」
と変えて繰り広げるタイムサスペンス!!
爆笑STORYあり、号泣STORYあり、、、。
4本のSTORYを通じて
あなたに人生の素晴らしさを訴えます!
観劇したあとには全キャラクターが愛おしくなる!
新年の幕開けに相応しい伝説の作品をぜひ劇場で!!


出演者コメント


■東貴博/岩木役
東貴博
東貴博

私は宅間さんの追っかけです。
10年前、初めてタクフェス『晩餐』を観劇し、それから東京・名古屋・大阪と、
スケジュールを合わせては数々の舞台を観て参りました。
私にとって宅間さんの舞台は観る専門、ファンとして客席で楽しむものなんです。
そんな私が今回主演を務めさせていただきます。
覚悟を決めました。腹を括って挑みます。
お楽しみに!

■浜谷健司(ハマカーン)/黒須役
浜谷健司
浜谷健司

タクラボ第2弾参加が決まりました!
今回はキャストも大所帯、さらにスケールアップしたタクラボになることでしょう!
また、年明けすぐの公演ということで2024年を皆と一緒に気持ちよくスタート
できるように、一生懸命やりたいと思います。
そして、主演の東貴博さんも楽しみです!
東さんは大変お世話になっている先輩でして、その東さんと宅間さんと
一緒に舞台をつくるなんて!役者やっててよかったーー!! ……芸人か。

■橋本真一/桑山役
橋本真一
橋本真一

“演劇の原点に返りつつ新しい可能性を探す”
というタクラボのコンセプトに、自分事として向き合いたいなと感じています。
これまで沢山の作品と出会い、様々なモノを糧として身に付けてきました。
そういったモノをこの作品に持ち寄りつつ、新たな視野で桑山という役を作っていけたらと思います。
そして何より、演劇作りを純粋に楽しみたいと思います。
皆様に届くよう、精一杯努めます。
劇場でお待ちしております。

■留依まきせ/明日香役
留依まきせ
留依まきせ

タクラボに参加させて頂けること、心から本当に嬉しいです!!
ワークショップはとても貴重な経験でした。5日間で作り上げる30分間の作品はもちろん大変だったけど本当に楽しかったです!
その場で実際に起こる、生の感覚。これからまた味わえるなんて、わたしは幸福です!
ワクワクワクワクしています。そして今回の脚本、とんでもない、、、!
愛に溢れた作品、一筋縄では演じられない明日香という役、演じられる喜びを胸に舞台に息づきたいと思います! 劇場でお会いできるのを楽しみにしてます!!

■増田つき/桜・雪役
増田つき
増田つき

お芝居の経験が一度もなく、何もわからずに参加したWSオーディションで、
最初は声すら出せませんでしたが、宅間さんの丁寧なご指導で何とか最後までやり切りました。この役に選んで頂けたと聞いた時嬉しいとか頑張ろうとか前向きな感情の前に、まず信じられなかったし、本当に自分でいいのかなと不安でしたが、やっと今実感が湧いてきている気がしています。
稽古になりましたらついていくのに必死だと思いますが、死に物狂いで頑張ろうと思います。宜しくお願い致します!

■横山涼/ヒロキ役
横山涼
横山涼

この度は、タクラボ第2弾に出演させていただけることになり本当に光栄です。
今回の演目『WHAT A WONDERFUL LIFE!』ですが、実は7年前の公演にも出させていただきました。今回もあの時と変わらず全力で取り組みたいと思います。
きっとこの舞台が2024年の初観劇になる方も多いと思います。素敵な一年の始まりをお届け出来るよう誠心誠意努めさせていただきます。
劇場でお待ちしております。
何卒よろしくお願いいたします!

■大薮丘/小山役
大薮丘
大薮丘

今回タクラボに参加できることになり、本当に本当に嬉しいです!
タクラボのワークショップに僕も参加させて頂いたりもしたので、思いも強いです。
キャストはかなりの大人数になると聞いてます。
みんなとのコミュニケーションはもちろんですが、自分のチームをしっかりと固めていきたいです。
初共演の方もすごい多いですが、チームを引っ張っていけるように宅間さんと共にスタッフさんキャストのみんなと力を合わせて最高の作品を作っていきたいと思います!
みんなに是非是非是非とも観にきてほしいです。

■竹内茉音/柏木役
竹内茉音
竹内茉音

宅間さんの作品は『ぴえろ』以来2度目の出演で、今回また参加することができて本当に嬉しいです。
今回の「WHAT A WONDERFUL LIFE!」もページをめくる度に笑って泣いて、終始心が揺さぶられました。
そして読後には登場する皆んなを大好きになっていて、また会いたくなるんですよね。
宅間さんマジックです。(笑)
そんな愛おしい登場人物たちに会えるのを、皆さんも心待ちにしていただけたら嬉しいです。

宅間孝行 コメント


タクラボ第2弾では、早速ですが、私は作演出に専念します!
主演としてお迎えする東MAXこと東貴博さん。かなり前から、どんなに忙しい時期にも必ず観劇に来てくれてました。東京で観られない時は名古屋の生放送の後に駆けつけてくれたりして、何なら奥様にも口コミしてくれました。
でもお金持ちは小劇場スタイルの芝居には興味がないかな、と思ってました。
よくよく聞くと「ケツに火がついた」劇団を主宰して小劇場ガンガンやっているって言うではないですか。芸人、司会、役者、劇団主宰とオールマイティな東MAXとのコラボ、これはもう実験です。あ、事件です。
今回は、ワークショップに参加した若手たち、若手のタクフェス出演経験者が大勢参加します。フレッシュな若手の役者でも(あ、訂正します。フレッシュじゃないのもいた)どれだけパワーを見せつけられるか。
これはまさしく実験です。
ちなみにハマカーン浜谷健司がタクフェスを通じて連続出演記録を更新します。
まさに実験中です。
こんな、斬新な試みで挑むのは『WHAT A WONDERFUL LIFE!』私の初期の作品です。本当の本当の私の処女作は、この物語の第1編です。
そうです、これは4つの物語が織り成す「観たらびっくりオムニバス作品」です。
かなり昔から実験してました。

年明けのお年玉で、財布が寒くなっているあなた、こんな時期の開催で誠に恐縮です。
財布が温かくなっている君たち! 芝居を見るならこの時がチャンスだ!

年明けにとんでもない感動をお届けします。どうぞタクラボ詣、お待ちしております。

当記事はSPICEの提供記事です。