新幹線で…「子連れに譲ってあげようとか思わないわけ!?」指定席を奪った女⇒騒いだ結果…『まさかの人物』から指摘を受けることに

lamire


皆さんは新幹線でトラブルに巻き込まれたことはありますか? 今回は「指定席を奪われた話」を紹介します!

イラスト:エトラちゃんは見た!

『指定席を奪われた話』


出張帰りに新幹線を利用し、指定席のチケットを購入した主人公。
自分の席に向かうと、見知らぬ親子が座っていました。

主人公は「席、間違えてますよ」と母親に声をかけます。
しかし母親は「そうね」と言って席を移動しません。

わざと座っているのだと気づいた主人公は、母親に注意しますが…。
母親は「子連れに譲ってあげようとか思わないわけ!?」と逆ギレしたのでした。

そんな態度に呆れ果てた主人公は、母親の膝の上に座ることに。
そして騒ぐ母親を無視して、ビールを飲み始めます。

すると騒ぎを聞きつけて車掌がやってきたため、主人公が事情を説明すると…。

車掌も注意

出典:エトラちゃんは見た!
車掌が注意しましたが、それでも母親は移動しません。
イライラが募り、主人公が我慢の限界に達したそのとき…。

子どもが「みんなに迷惑かけちゃダメだよ」と母親に言って、主人公に謝罪してくれたのです。
「子どもに言わせちゃって…」と周りの乗客から白い目で見られた母親。

赤面して、自由席に移動したのでした。

子どもの一言で…


非常識な母親に指定席を奪われてしまった主人公。
しかしまさかの人物の指摘によって、トラブルが解決したエピソードでした。

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。
※この物語はフィクションです。

(lamire編集部)

当記事はlamireの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ