Kis-My-Ft2、ジャニーズ入り秘話


7/1(月)放送の「HEY!HEY!HEY!電撃復活2013」(フジテレビ系)。

ゲストでKis-My-Ft2が出演しました。

歌の前のトークでジャニーズ入り秘話が披露されました。

まずは北山宏光くん。

堀越高校にサッカーで入学した北山くん。入学式の日に同級生に山下智久くんがいてビックリしたそうです。

堀越高校が芸能系の学校と知らなかった北山くん。地元の友達の妹が山Pのファンだったこともあり、「この歳でもう仕事してるんだ、すごいね」という話をしていたそうです。

その話の流れから友達の家のコルクボードに貼ってあった自分の写真をいくつか入れてジャニーズ事務所に応募してしまったそうです。

半年後に事務所からオーディションの通知が来て、受けてみたのが入所のきっかけ。

次は宮田俊哉くん。

みやっちが受けたオーディションでは二階堂高嗣くんと横尾渉くんが一緒だったそうです。

オーディションの後に「雑誌の撮影があるからみんなで行きなさい」と言われて10人くらいで最初のお仕事、撮影に向かったそうです。

帰宅してからお母さんに「雑誌の撮影をしてきたよ」と報告したみやっちは1ヶ月後の雑誌発売日を楽しみにしていたそうです。

雑誌が発売され、みやっちが見たところ「二階堂と横尾は載っていて僕だけいなかったんです」と話していました。

そして次は玉森裕太くん。

玉ちゃんはお母さんがジャニーズ事務所に履歴書を送っていたそうです。

そして玉ちゃんもみやっちと同じくオーディション後に雑誌の撮影があり、1ヶ月後には雑誌に掲載されていたそうです。

ニカちゃんはお姉さんがKinKi Kidsのファンだったこともあり、履歴書を送っていたそうです。

先ほどみやっちがすぐに雑誌に載った話をしていたのもあり、みやっちはこの時点で「この中で(オーディション後の雑誌撮影で)載れなかったのは俺だけってこと?」と苦笑いしていました。

横尾くんはお兄さんが履歴書を送っていたそうで、「今日フットサルやるから、お前来い!」と言われてついていったところがオーディション会場だったそうです。

何のオーディションかもわからず受けたという横尾くん。

オーディション後の雑誌撮影も終わり、横尾くんはお兄さんがいないことに気づいたそうです。

マネージャーさんに聞いたところ「食堂にいるよ」と言われ、食堂に向かった横尾くんが目にしたのは「お兄ちゃんと知らないおじさんがめっちゃ楽しそうにしゃべっている」姿だったそうです。

何と横尾くんのお兄さんと話していたのは社長のジャニー喜多川さんだったそうです。

ジャニーさんから横尾くんは「君のお兄さんいい方だね」と言われたそうです。

お兄さんのおかげでお仕事に呼ばれるようになったと横尾くんは話していました。

千賀健永くんは名古屋出身のため、名古屋のライブのお仕事しか呼ばれることはなかったそうです。

数回目のライブのお仕事の時、ジャニーさんが千賀くんの横に座ってきて、「You、デビューさせてあげるから東京来なよ!」と言ってきたそうです。

「やったー!」と思った千賀くんでしたが、それから8年くらい経ってやっとデビューできたそうです。

最後は藤ヶ谷太輔くん。

藤ヶ谷くんは誰が履歴書を送ったのか未だにわからないそうです。

オーディションの通知が来てお母さんから「社会勉強だから行ってきなさい!」と言われて受けたそうです。

オーディションが終わり、ホワイトボードには番号が書かれ、「番号書いた人は残ってくれ」と言われたそうです。

残念ながらその時は藤ヶ谷くんの番号はなかったそうで、すぐに帰りたかった藤ヶ谷くんは近くにいたおじさんに「この番号札はどこに返せばいいですか?」と話しかけたそうです。

このおじさんがジャニーさんだったそうで、「Youは初日に僕に話しかけるなんて凄いね!」と言われ、ホワイトボードに番号が追加で書かれたそうです。

こんな偶然が重なってキスマイメンバーはジャニーズJr.になりデビューしたのですね。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ