ほぼ裸で冷たい海を1時間以上… 内村光良の「人生で最も過酷だった仕事」に驚く

fumumu


内村光良

名司会者であり、“理想の上司”として幅広い人々から親しまれている、ウッチャンナンチャンの内村光良さん。

そんな内村さんは以前、“人生で最もつらかった仕事”について打ち明け、注目を集めたことが……。

■テレビ史に残る「ドーバー海峡横断部」


話題になったのは、2018年12月放送の『世界の果てまでイッテQ!』での一幕。

番組スタッフから、内村さんが1999年8月に『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』(同系)内で挑んだ、「ドーバー海峡横断部」の話題を振られると、内村さんは「人生で一番キツかった仕事だよ。芸能界で一番キツかった。ここはルールが半端なかった…」と明かします。

遠泳では海峡ごとに参加チームの人数やルールが細かく設定されており、ドーバー海峡の横断はとくに規定が厳しかったそう。

関連記事:内村光良が愛用する「まさかの100均商品」に驚き これは参考になるかも…

■17℃以下の冷たい海を1時間以上…


当時は、「6名で1チーム、1人1時間泳がなければ交代は認められない」ほか、「水温は良くて17℃ほど。ウェットスーツの着用も一切認められていなかった」と内村さん。

特殊な装備などは一切許されず、冷たい海を裸同然で泳ぎ続けたという状況に、当時の共演者たちからも「ドーバー海峡はウェットスーツじゃダメなの?!」と驚く声が上がりました。

■遠泳経験者は約1割


ちなみに、fumumu編集部が全国の10代~60代の男女1,000名を対象に「遠泳の経験」について調査したところ、「経験あり」と回答した人は、全体で8.2%ほど。

遠泳経験者の割合

男女別では、女性4.1%に対して男性は12.1%。授業として実施している学校もあるものの、経験者はごく少数のようです。

■来年還暦も…遠泳、ダンスと大活躍


そんな過酷な経験を乗り越えてきた内村さんは、来年60歳を迎えますが、その体力はいまだ衰え知らず。

『イッテQ!』でも「イッテQ!遠泳部」が発足すると、昨年1月の放送で競泳の池江璃花子選手をコーチに招いた際には、池江選手が内村さんの泳ぎを「直すところがほぼない」と絶賛。

新たに発足した『イッテQ!ダンス部』でも部長を務める内村さんは、抜群のセンスで難しい振り付けもマスターし、お笑いコンビ・ガンバレルーヤ(よしこさん、まひるさん)らと、キレッキレのダンスを披露するなど、毎度大反響を呼んでいます。

・合わせて読みたい→内村光良、相方・南原との共演なく自虐 「ヒルナンデスのおじさんと…」

(文/fumumu編集部・衣笠 あい)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2023年01月28日~2022年01月30日
調査対象:全国10代~60代の男女1,000名 (有効回答数)

当記事はfumumuの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ