深田恭子、友人が“不倫の恋”をしていたら 「同意はできなくても見守るしかない」

エンタメOVO


 Amazon Originalドラマ「A 2 Z」の配信前夜プレミアムイベントが2日、東京都内で行われ、出演者の深田恭子、田中圭、片寄涼太が登壇した。

本作は、山田詠美氏の同名小説をドラマ化。大手出版社に勤める文芸編集者の夏美(深田)は、夫の一浩(田中)から1年以上付き合っている女性がいると告白される。

怒りの感情よりも寂しさを感じた夏美は、心の穴を抱えたまま若い郵便局員・成生(片寄)と出会い、恋に落ちる。

この日は、田中と片寄がそれぞれ深田を“Wエスコート”して登場。田中は「恭子ちゃんのいい香りをかいで、撮影のときを思い出しました」とにっこり。

司会者から「どんな香り?」と問われると、「僕の語彙(ごい)力では伝え切れないのが申し訳ないのですが、めちゃくちゃいい匂いです」と語って笑わせた。

約2年ぶりの連続ドラマ主演となった深田は「やっとお届けできることに、ドキドキする気持ちとうれしい気持ちが混ざっています」とあいさつ。

世界186カ国に一挙配信されることについては、「まだ実感がないというか。こんな形は今までなかなかなかったので、たくさんの方に見ていただけたらうれしいです」と語った。

また、ドラマの内容にちなみ、「もし仲のいい友人が夏美のような恋愛をしていたら引き止める? それとも静観する?」と聞かれた3人は一様に「静観」を選択した。

深田は「人の人生なので、どうこういえない。その人の生き方があるので、それに同意はできなくても見守るしかないし、話を聞くしかない。大体、相談って、されても、本人が(答えを)決めていたりするものなので」と私見を述べた。

片寄も「やはり人の人生。友達が自分で決めたことなら“好きにいきな”と。止める権利はない」と語り、田中も「大体(2人と)同じです」と続いた。

さらに、「成生のように、話したこともない相手を好きになることはあるか?」との問いに、片寄は「いいえ」を選択した。

「僕は人と話すのが好き。話をして、その人の深い部分をより理解した上で、好きだなとなるので。年を追うごとに、話すことの重要性が増している気がします」と話した。

ドラマは2月3日からPrime Videoで10話一挙独占配信。

当記事はエンタメOVOの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ