アシュトン・カッチャー、元妻デミ・ムーアの回顧録に「めちゃくちゃ腹が立った」

米俳優アシュトン・カッチャー(44)が、元妻で女優のデミ・ムーア(60)の回顧録『Inside Out』にひどく腹を立てていたことをこのたび明かした。デミはアシュトンとの離婚から6年後の2019年に回顧録を発表。2人の結婚生活を暴露した内容は当時大きな話題となった。突然自身と家族がマスコミの注目を浴びることとなったアシュトンが、その時の心境を語った。

米男性誌『エスクァイア(Esquire)』で初めてデジタル版の表紙を飾ったアシュトン・カッチャーがインタビューに応じた。英メディア『The Mirror』『Daily Mail Online』、米メディア『People.com』が報じている。

アシュトンは、2019年に発売された元妻デミ・ムーアの回顧録『Inside Out』で元夫婦の私生活が話題になった時、何が起こっていたかをこう明かした。

「ついに、遠ざけていたマスコミが僕と妻、僕の生活と家族のところにまでやってきたんだ。次の日には、パパラッチが子供達のところにまで押し寄せたんだ。」

アシュトンはデミとの離婚後、2015年に結婚した女優ミラ・クニス(39)との間にワイアットちゃん(8)とディミトリ君(6)をもうけている。アシュトンとミラはプライバシーを守っており、結婚した2年後の2017年までは一緒にレッドカーペットを歩くこともせず、子供達の写真をSNSにあげたこともない。夫妻ともに役者でありながらあえて私生活を公にしてこなかったが、回顧録により自身と家族が突如マスコミの注目を集めることになってしまい、アシュトンはデミに「めちゃくちゃ腹が立った」という。

デミは回顧録でアシュトンの浮気や自身の流産など8年間の結婚生活について赤裸々に告白している。

アシュトンとデミは2003年共通の友人を通じて知り合い交際を始めた。2005年9月に結婚するも2011年に別居。2012年にアシュトンが離婚を申請し、2013年に離婚が成立した

またアシュトンはインタビューの中で、16歳年上のデミとの交際が報じられた瞬間「人生がどのように変わったか」についても回想した。

結婚当時27歳だったアシュトンは、デミと元夫ブルース・ウィリス(67)との間にもうけたルーマー・ウィリス(当時17、現34)、スカウト・ウィリス(当時14、現31)、タルーラ・ウィリス(当時11、現28)の3人の娘の継父になった。その責任は大きくプレッシャーを感じたという。デミとの離婚後もアシュトンは娘達と連絡を取り合っていることを過去に明かしており「これからもずっと愛し続ける」と語っている。

さらにデミが妊娠6か月で流産したことにも触れ、「子供が生まれると思っていたのに、その子供を失うのは本当に辛いことだったよ」と深く傷ついたことも吐露した。赤ん坊を失い悲嘆に暮れたアシュトンは、デミとの結婚生活が終わった後、自分がいかに「失敗者」だと感じていたかをこう説明した。

「離婚ほど失敗した気分にさせるものはないよ。離婚って大失敗したみたいに感じるんだ。お前は結婚に失敗したんだってね。」

画像2、4枚目は『Esquire 2023年1月31日付Instagram「He’s survived tabloid scrutiny」「One day in 2019, Kutcher woke up with a migraine.」』スクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 雨宮瑠亜奈)

当記事はテックインサイトの提供記事です。