便利なLINE、約4割の人が“使い分けている機能” 「気持ち的にとても楽」

fumumu


LINE

今やコミュニケーション手段として定番となったLINE。便利な機能が満載でスマホ所有者にとって欠かせないツールとなりましたが、編集部が「ある機能」について調査したところ…。

■約4割「相手によって通知をオフにしている」


fumumu編集部が全国の10代~60代の男女926名を対象に「LINEの通知」について意識調査を行なったところ、全体で41.1%の人が「グループLINEなど、相手によって通知をオフにしている」と回答。

相手によってLINEの通知をオフしている人の割合

ちなみに「すべての通知をオン」の人は35.6%、「すべての通知をオフ」にしている人は12.3%という結果でした。

関連記事:「通知がだるいんだよ…」 LINEグループの誘いを上手に断る方法

■30代女性「基本オンにしています」


編集部が話を聞いた30代女性は「家族から緊急の連絡が来ることもあるので、LINEの通知は基本オンにしています。たまにスマホでZOOMミーティングをするときだけ、重くなってしまうのでLINEに限らず全アプリの通知をオフにします。あとは、スタンプ欲しさに友達登録した公式アカウントなど、通知オフにしっぱなしのアカウントもいくつか…」とコメント。

また別の20代女性は「通知はほぼオンにしています。ただ、メンバーが10人以上いてスマホから目を離すと未読の数が数十件になってしまうようなやり取りが活発なグループは、画面が通知で埋め尽くされてしまうためオフにすることがありますね…。あとはお店や美容室のLINEなど、ブロックできないようなアカウントの通知もオフにしています」と話していました。

■「スマホを触る回数が半分以下に」の声も


インターネット上では「グループLINEの通知オフにしてると、盛り上がってる会話に出遅れるけど『まあ、それでもいっか』くらいに流せてるから気持ち的にとても楽」「LINEグループはすべて通知オフにしてる。仕事関係以外のアプリはほとんどオフ。スマホがピロンと鳴ればやっぱりちらっと見てしまうから、集中力が切れる。すべて通知をオフにしたらスマホを触る回数が半分以下になった」と通知機能を使い分けることで生活しやすくなった声がちらほら。

仲間内の他愛ないやり取りなど、緊急性のないような連絡は基本オフにするなど自分のペースで返信するほうが、ストレスが少なそうですね。

・合わせて読みたい→コレは既婚者であるサイン!? 不倫男性の隠しきれない証拠

(文/fumumu編集部・kuro)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2022年12月13日~2022月12月18日
調査対象:全国10代~60代の男女926名

当記事はfumumuの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ