未知なる出合いが待っているかも! 世界各地のパンを集めたパン屋がオープン

ananweb

ギフトコンシェルジュの真野知子さんがおすすめするギフトをご紹介。今回は『世界のパン「パダリア」』のハチャプリほかです。

真野(以下M):恵比寿に世界各地のパンを集めたパン屋がオープンしたんです。週替わりのスープやパンのお供にぴったりなジャムに紅茶、お菓子やドリンクも並んでいて、異国のものにワクワクしちゃう!

編集N(以下N):世界の朝ごはんが食べられるカフェ『WORLD BREAKFAST ALLDAY』が出したお店ですね。50か国以上のメニューを取り上げた中から選りすぐりのパンが揃っているのだそう。

M:特に、中東や南米など西欧以外のパンがあるのが珍しくて。例えば、パンの中央にある卵黄がインパクトを放つ、ジョージアの“ハチャプリ”。朝ごはんの定番なんですって。

N:初めて見ました。

M:このハチャプリは、黒海沿岸のアジャラ地方のもの。オーブンで少しトーストしてから食べるのがおすすめよ。パンの表面をカリッとさせて、チーズはとろとろに。両端のとがった部分をちぎって、溶けたチーズと卵を混ぜてすくいながら食べてみて。ジョージアには行ったことがないけれど、山岳地帯が多く牧畜が盛んな地域ならではの味わいに、気持ちはすっかりトリップしています(笑)。

N:その国の食文化やパンについて簡単なトリセツがもらえ、背景を知ることができるのも、なかなか楽しい。

M:知育食育の食体験に、きっと話題をさらう手土産になりますよ~。

手前から時計回りに、じゃがいもを練り込んだスコットランドのパン、タッティースコーン1/2 各¥260、ハチャプリ¥580、ライ麦粉の生地でミルク粥を包んだフィンランドのカルヤラン・ピーラッカ各¥200、上にのせたムナボイ¥100、上にハーブがたっぷりのったレバノンのマヌーシェ¥280、ブルガリアの国民食・バニツァ¥480。

世界のパン「パダリア」 東京都渋谷区恵比寿西1‐17‐2‐103 TEL:03・6416・1157 8:00~19:00(パンがなくなり次第終了) 不定休

真野知子 ギフトコンシェルジュ。手土産など日常的なギフトからハレの日まで多彩なシーンに合わせたギフトをセレクト。

編集N お店のご近所さんは日替わりのスープとセットでランチに。羨ましい!

※『anan』2023年2月1日号より。写真・清水奈緒 スタイリスト・野崎未菜美

(by anan編集部)

当記事はananwebの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ