お腹の巡りを整えてウエストほっそり。1日1分【腹筋の柔軟性を高める】簡単ストレッチ

beauty news tokyo


毎日を忙しく過ごしていると、気付かぬうちにお腹周りの筋肉が凝り固まってしまいます。それを予防するためには、「腹斜筋」や「腸腰筋」といったお腹周りの筋肉の柔軟性をキープすることが必須。そこで習慣に採り入れたいのが、お腹周りの筋肉の緊張を効果的にほぐせる簡単ストレッチです。くびれ作りや腰痛の緩和の他、内臓の活性化にも効果を期待できるので、巡りの良い体作りにも役立ちます。

効率良く腹筋の柔軟性を高める簡単ストレッチ




(1)床に仰向けに寝て、両腕をバンザイして両手を組む

(2)両脚と、組んだ両手を、背中が浮かない範囲で近づけるようにして伸ばしていき、伸ばしきったところでゆっくり呼吸しながら30秒間キープする ※体を伸ばすときは三日月の弧を描くイメージです

反対側も同様に実践します。このストレッチは立った状態で行うこともできますが、「立った状態で行うよりも寝た状態で行う方が姿勢が安定する」ので、効率性がUP。また、腰から横腹にかけてを伸ばす際に「伸ばす側の手を反対側の手で引いてあげる」ことでさらに効果が上がるので試してみましょう。

くびれ作りやお腹の引き締めだけでなく、お疲れ気味の内臓の活性化にも効果を期待できるのが魅力の簡単ストレッチ。ぜひ習慣的に腹筋をほぐして、ほっそりウエストをキープしていきましょうね。。<ストレッチ監修:上田夕子(Dr.ストレッチ グランドトレーナー)>

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ