北海道・知床のリゾートに新たなサウナ! 真っ黒な"穴蔵"やかまくら型など4種


北こぶしリゾートは1月21日、「KIKI知床 ナチュラルリゾート」(北海道斜里郡斜里町)の大浴場をリニューアルオープンした。

同施設tは、知床の高台に位置する、自然ととけあう森のリゾート。知床をもっとサウナで盛り上げようという思いから、「クロウナ」「ネウナ」「ウィスキングサウナ」「イグルーサウナ」と、合計4種のサウナを導入し、リニューアルした。

「クロウナ」は、"穴蔵"をイメージした珍しい真っ黒なサウナ室。外界からの光を遮った地下のような暗さの中で、自分の世界に静かに没入していくような時間を過ごしてほしいという発想から、黒一色で仕上げた。セルフロウリュも楽しめる。

「ネウナ」では、一般的にサウナではマナー違反とされる"寝て入る"サウナが楽しめる。混雑時には譲り合いつつ、遠慮せず横になることができる。

「ウィスキングサウナ」は、ヴィヒタを使って体を叩くウィスキングを、セルフで手軽に楽しめるサウナ。

「イグルーサウナ」はエストニア生まれの木でできたかまくら型のサウナ。薪ストーブ型を使用するが、ホテルサウナで薪タイプを取り入れるのは非常に珍しく、屋外の露天風呂スペースに設置する。

水風呂は、深さ120cmの浴槽で男女ともに完備。ボタンを押すと頭から水が被れる仕掛けも用意する。塩化物泉のやさしい泉質、3種の温度の温泉も用意した。

4種のサウナのうち、クロウナ・ネウナ・ウィスキングサウナは、ととのえ親方こと松尾大・サウナ師匠が主宰するブランド・TTNEがプロデュースした。 KIKI知床のコンセプトに合わせ、「居心地の良いサウナ」を追求して制作したという。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ