竜星涼“大陽”、兄の会社をリストラされた現場責任者を起業させると宣言!

TVerプラス

竜星涼が主演を務めるドラマ『スタンドUPスタート』(フジテレビ系、毎週水曜22:00~)の第2話が、1月25日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

本作は、福田秀による「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載中の大人気コミックが原作。過去の栄光にすがる中年や前科者、就業経験のない主婦、就職活動に挫折した大学生など、さまざまな事情を抱えた“訳アリ人材”へ投資する主人公を描くビジネスストーリー。

先週放送された第1話は、自称“人間投資家”の三星大陽(竜星)が、メガバンク「みその銀行」の元融資部門次長​​・林田利光(小手伸也)をスタートアップさせるストーリーが展開。最初は大陽のことをうとましく思っていた林田だったが、大陽の熱意に気持ちが傾いていって……。ネット上では、どこまでも前向きな大陽に「魅力的に感じる」「超ポジティブで最高」「うちの会社に支援して」​​とのコメントがあった。

<第2話あらすじ>
自称“人間投資家”の三星大陽(竜星)は、兄の大海(小泉孝太郎)が社長を務める「三ツ星重工」の定例株主総会に出席。4年前、大海にリストラされた造船所の現場責任者・武藤浩(塚地武雅)を起業させると宣言する。「リストラだって次へのスタートアップ。人は資産なんだ」という大陽に対し「起業は博打の世界。人は強いリーダーを求めている」と返す大海。三ツ星重工の副社長で、大海と大陽の叔父である義知(反町隆史)は、そんなふたりのやり取りを楽しそうに聞いていた。

その数か月ほど前、大陽は、イベント会社「エンジョイ・メーカーズ」の副社長・福島あかね(岡本玲)に声をかけていた。「エンジョイ・メーカーズ」は、社長の東城充(野村周平)が大学時代に同級生のあかねに声をかけて起業した会社だった。だが、今ではロックフェスなどの大きなイベントはすべて東城が仕切り、あかねは創業当時から世話になっている地方の会社や町内会などとのファックスで小口案件のやり取りのみを命じられていた。そんな中、東城は、あかねに相談もなく勝手に子会社を作り、持ち株比率を自身が80%、あかねを20%として、彼女をそこに追いやってしまう。

同じころ、大陽は、大学の起業サークルに所属する立山隼人(水沢林太郎)と、その仲間のギャル3人組と知り合う。

当記事はTVerプラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ