頑固なお腹の贅肉対策に効果あり。1日10回【腰周りを全方位から引き締める】簡単習慣

beauty news tokyo


ほっそりとした見た目印象をキープしたいと願うなら、特に意識を向けるべきが“横や後ろからのシルエット”。贅肉は体の正面だけでなく横側にも後ろ側にもついています。そこで頑固なお腹の贅肉を“全方位から一気に引き締める”べく習慣に採り入れたいのが、ピラティスの簡単エクササイズ【ブレストストローク・ピラティス】です。平泳ぎのような動きで行うエクササイズで、脊柱起立筋や広背筋(背中)、腹筋や体幹(お腹周り)、さらには上腕三頭筋(二の腕)と様々な筋肉をまとめて強化できます。

ブレストストローク・ピラティス




(1)床にうつ伏せになって両腕を体に添える

(2)息を吸いながらお腹を薄くして、両腕を頭の方へ伸ばす ※お腹は薄くしたままをキープします

(3)息を吐きながら、両手を円を描くように大きく回して(1)の姿勢に戻る ※お腹は薄くしたままをキープし、吐いたときにお腹を絞るイメージです。その際、あごを引いて頭頂部を斜め上に引き上げます

これを“1日あたり10回を目標”に実践します。なお、動作時にあごが上がって身体が反ってしまうと首や腰を痛めてしまうことがあるので、身体が反らないように「常に顎を引くことを意識」して実践してください。

正しい呼吸法と骨格を意識しながら体幹を強化するピラティスのエクササイズは、骨盤の歪みを整えたり、代謝を上げたり、血行促進効果も期待できたりなど嬉しい美容効果が多数。ぜひ習慣化してみてくださいね。<ピラティス監修:KANA(インストラクター歴3年)>

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。