“飾るだけ”で開運に!【12星座別】お部屋に置くと運気がアップするモノ

ananweb

運気を向上させるための近道の一つは、普段寝起きしている部屋のエネルギーをパワーアップさせること。今回は、“飾るだけ”でできる開運インテリアについて、占い師の五十六謀星もっちぃさんに12星座別でアドバイスしていただきました。
■ おひつじ座3/21~4/19

キラキラと輝くイルミネーションが、おひつじ座にとっての開運インテリアです。常に電源を入れておく必要はありませんが、少し気分が沈んだときにイルミネーションの輝きを眺めて気分転換するとよいでしょう。

■ おうし座4/20~5/20

リラックスできる部屋を美しく飾れて、かつ機能性も高めてくれるようなインテリアが、おうし座の開運につながるでしょう。ソファにかけるカバーやラグ、かわいいクッション、フロアチェアなどで彩ってみてください。

■ ふたご座5/21~6/21

ふたご座にとってキャラクターグッズが最高の開運インテリアといえるでしょう。部屋の目立つところにお気に入りのキャラクターグッズを飾ってみて。推しキャラと共に過ごすことが、運気向上につながります。

■ かに座6/22~7/22

香りにまつわるものが、かに座の運気を開くために最も効果的なアイテムです。アロマディフューザーやアロマキャンドル、お香など、心が洗われるような香りに包まれることで運気が上昇します。

■ しし座7/23~8/22

しし座の開運インテリアは、憧れている人のポスターや写真を飾ること。目標にしたい人の写真を部屋に置いて眺めることで、少しずつその人のエッセンスやパワーを取り入れることができます。

■ おとめ座8/23~9/22

実用性と美しさを兼ね備えた家電を部屋に置くことで、おとめ座にとって最高のパワースポットになるはず。おしゃれな照明や加湿器など、デザイン性に優れた実用家電をインテリアに取り入れましょう。

■ てんびん座9/23~10/23

美しいファッションアイテムをディスプレイすることが、てんびん座にとって最高の開運インテリアになるでしょう。普段あまり着ないものでも、見える場所に飾っておくことで運気上昇につながります。

■ さそり座10/24~11/22

普段使いにするには少し高価な食器をインテリアアイテムとして飾ると、開運につながります。例えば飾り皿のように、インテリアとして売られているものもあります。普段は食器を飾って楽しみ、特別なときに使うのもよいでしょう。

■ いて座11/23~12/21

見栄えのよい本のコレクションが、いて座の部屋作りに開運効果をもたらすでしょう。かっこいい雑誌、全集やシリーズ本のコンプリートなど、見た目にインパクトのある本が良い運気を運んできてくれます。

■ やぎ座12/22~1/19

美しい時計を部屋に飾ると、やぎ座の運気を総合的に高めてくれるでしょう。シンプルなデザインではなく、装飾性や希少性に優れた時計を飾ることでやぎ座のパワーが覚醒します。

■ みずがめ座1/20~2/18

金色のアイテムが開運につながります。できればゴールドのインテリアを置くのがベストですが、ジュエリーなどのアイテムでもOKです。金色に輝く金属製のものが、金運を中心とした運を授けてくれます。

■ うお座2/19~3/20

壁を美しく彩ることが、うお座の運気を向上させるには最も効果的。可能であれば、壁紙を白以外の色に貼り替えるのがおすすめです。難しい場合は、ウォールステッカーなどで壁をデコレーションしましょう。

五十六謀星もっちぃ10代の頃から占い一筋に生きる職業占い師。著書『1日2時間で月10万円 はじめよう 電話占い師』(同文舘出版)

(C)Michelle Dwyer/Yana Iskayeva/gettyimages

文・五十六謀星もっちぃ

当記事はananwebの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ