重量ギネス超え! 重さ2.7キロの巨大ヒキガエル 「サッカーボールに脚が生えたみたい」(豪)<動画あり>

今月12日、オーストラリアの国立公園をパトロールしていた自然保護官が重さ約2.7キロという目を疑うほど巨大なヒキガエルを発見した。新生児に近い重さを誇るこのヒキガエルは、現在ギネス世界記録に認定されているヒキガエルの重さを超えており、発見した自然保護官は「こんなに大きなヒキガエルは見たことがない」と驚いていると英メディア『BBC』などが伝えた。

巨大なヒキガエルが見つかったのは豪クイーンズランド州コンウェイ国立公園で、今月12日に同園でパトロールを行っていた自然保護官であるカイリー・グレイさん(Kylee Gray)が第一発見者となった。カイリーさんは「こんなに大きなヒキガエルは見たことがありませんよ。サッカーボールに脚が生えたような形をしていました」と当時を振り返っており、まるでゴジラ(Godzilla)のようなその姿から、英語でヒキガエルを意味する「Toad」という単語を組み合わせて「Toadzilla」と呼んだ。

カイリーさんが一緒にいた同僚と共にそのヒキガエルを捕獲して調べてみると、体長は約25.5センチ、体重は約2.7キロもあることが判明した。現在ギネス世界記録に認定されている世界最大のヒキガエルは1991年3月に記録された体長38センチ、体重は2.65キロであり、今回捕獲したヒキガエルの重さは世界記録を上回っていた。

このヒキガエルは「オオヒキガエル(Cane Toad)」という種類で、雌と推測されている。オオヒキガエルの平均体長は10~15センチ、体重は大きくても2.9ポンド(約1.3キロ)とされているため、今回発見した新生児の体重ほどもあるこのヒキガエルが規格外のサイズであることがよく分かる。カイリーさんは「このヒキガエルは昆虫や爬虫類、小型の哺乳類などを食べて大きくなったようです。このサイズのヒキガエルは口に入るものなら何でも食べますよ」とコメントした。

オオヒキガエルは1935年にサトウキビの害虫駆除のためにオーストラリアに持ち込まれた。しかしオオヒキガエルは毒をもち、オーストラリアには天敵が存在しなかったため個体数が爆発的に増え、在来生物の個体数に大打撃を与え、現在は生態系を脅かす侵略的外来種として指定されている。オオヒキガエルが見つかった場合には安楽死させることになっており、今回見つかった個体も例に漏れず安楽死となり研究のため死骸は「クイーンズランド博物館(Queensland Museum)」に寄贈されたと報道されている。

巨大なオオヒキガエルの写真がクイーンズランド州国立公園のFacebookアカウントに公開されると、「まるでモンスターだ」「もし家の庭でこんなに大きいヒキガエルを見つけたらと思うとゾッとする」「これは気持ち悪いな」「目の前にいたら叫んで逃げ出すよ」などあまりの大きさにショックを受けるコメントが相次いだ。

ちなみに過去にはタイにて、まるでゴジラのように巨大なトカゲがコンビニに現れ、店内が騒然とする様子を捉えた動画が話題を呼んでいた。



画像は『Queensland National Parks 2023年1月19日付Facebook「Toad-ally off the scales!!!」』『Metro 2023年1月20日付「Gigantic cane toad nicknamed ‘Toadzilla’ may be a record-breaker」(Picture: Reuters)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 iruy)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ