店前の花を見ていた人をスカウトするオモウマい食事処、取材拒否でお蔵入り危機


中京テレビ・日本テレビ系バラエティ番組『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』(毎週火曜19:00~)が、きょう24日に放送。ゲストに、藤井フミヤ、白洲迅、田中道子が出演する。

栃木県・小山市のお食事処は、男女を問わず多くの従業員が代わる代わる働く活気のある店で、最高齢の従業員は88歳。メニューを頼むと過剰なほどのサービスが受けられることで知られ、スタッフが「ハンバーグ定食」を頼むと、うどん入りのおつゆ、チャーハンをはじめ、切り干し大根やだし巻き卵、酢豚といった惣菜などが次々とテーブルに並ぶ。

自家製のデミグラスソースが決め手のメインディッシュのハンバーグが届いたあとにも、食後のコーヒーが出されるほか、「夜食」、「お土産」と称しておにぎり(鮭)や焼きそばを持たせてくれる。これだけのサービスがあって値段は840円だ。

ほかにも、チャーハンが付いた「焼きそば」は630円、日替わりで魚が変わる「お魚定食」は、この日は鮭のお弁当がついて840円と、どのメニューもサービス分を度外視して提供されている。常連客も「最初は衝撃を受けたもん。昼食を食べ終わってお弁当持たせるってどういうこと?って」と笑いながら話す。

70代のママと、社長を務める夫が切り盛りするこの店のもう1つの特徴は、客と従業員の境目があいまいなこと。あれよあれよという間に店を手伝うようになった人も多いといい、取材中、新たに入った従業員も、店の前に置かれている花を見ていたところをスカウトされたという。

一方で、「ママは最強」と常連客が評するように、市や県のみならず、ドラマ・映画などのロケ弁当を受注するほか、地元の道の駅やスーパーにも弁当を提供していて、味にも定評がある。

これまでどんな取材も断ってきたというママと社長。カメラを回すことや取材スタッフが店に泊まることにはOKを出しても、頑なに取材自体は拒否。このままお蔵入りになってしまうと思われたが…。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ