ヤマハ発動機、スーパースポーツモデル「YZF-R7 ABS」に新カラーのホワイト


ヤマハ発動機は2月28日、スーパースポーツモデル「YZF-R7 ABS」のカラーリングを変更し、2023年モデルとして発売する。

「YZF-R7 ABS」は、「クロスプレーン・コンセプト」に基づき開発した水冷・4ストローク・DOHC・直列2気筒・4バルブ・688㎝3エンジンを軽量フレームに搭載している。スーパースポーツのスタイルとスポーティなハンドリングを調和させ、幅広い技量のライダーがサーキットにおいて"扱いきれて楽しめるスーパースポーツ"を目指した。

2023年モデルの新色は「ホワイト(ブルーイッシュホワイトパール1)」。モダンで洗練されたイメージを表現するホワイトカラーのボディに、軽快な足回りをアピールするバーミリオン(朱色)のホイールを採用した。

サイドカウルに大きく配したハイテックシルバーのロゴグラフィックの一部にも、ワンポイントとしてバーミリオンを取り入れている。軽量で扱いやすい大型モデルとして、大型二輪にステップアップした人をはじめとする幅広いライダーの注目を集めていることから、さわやかな雰囲気のカラーとした。

なお、現行のブルー(ディープパープリッシュブルーメタリックC)と、ブラック(ヤマハブラック)は継続して販売する。メーカー希望小売価格は105万4,900円。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ