そのブラシの使い方NGかも!形別の正しい使い方を解説

E-TALENTBANK


メイクの仕上がりを格段にアップさせてくれるメイクブラシは正しく使わなきゃもったいない!ブラシって毛質や毛量、形など様々で本当に沢山の種類がありますよね。メイクの時なんとなく、ブラシの先にアイシャドウやファンデーションをつけてませんか?ブラシの効果を最大限に出す為には、肌にあてるブラシの角度や動かし方も重要なんです!今回は王道ブラシの使い方をご紹介します☆

【関連記事】知らない人も多い!2023年のアップデートするべきメイク方法とは?

■楕円型ブラシ




楕円のブラシは主にチークブラシとして使う事が多いですが、チークの色がうまくのらず、ムラっぽく仕上がってしまう事はないですか?それはブラシの面が使えてない可能性が!



サイドから見ると、先端にかけて細くなっているので、ブラシの先端を肌に添わせるようにあてて動かすと色が綺麗にのりますよ。

■平筆型ブラシ




平筆のブラシは主にアイシャドウに使う事が多いですよね!アイシャドウをブラシにとるとき、ブラシに色があまりのらない場合は、ブラシを横に往復して粉をとってみて。ブラシへの粉含みがしっかりするので、発色を高められます♪



まぶたにのせるときは、先端を目の形(アイホール)に合わせ、ブラシを放射線状に動かすと単色でも立体的に仕上がりますよ!

■二層型ブラシ




二層のブラシは、サイズ違いでパウダーファンデーションやリキッドファンデーション、チーク、ハイライトといった色んな箇所に使えてツヤっぽい仕上がりになる万能ブラシ!



肌にのせるときは、ブラシ断面を垂直にあてて、くるくるブラシを回しながら優しく動かすと筋ムラなく綺麗にカバー出来ます!ぼかしやすさもあるので自然に仕上げたい時にも◎

ブラシは向きや動かし方など意識して使う事で、より綺麗にメイクにできます!是非確認してみて下さいね。

Text & Photo by JUN

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ