「松本人志が自死から救ってくれた」甲本ヒロトをめぐる都市伝説の舞台裏/日本音楽シーン「名作裏面史」

アサ芸プラス


 1月18日に、16枚目となる待望のアルバム「MOUNTAIN BANANA」をリリースしたザ・クロマニヨンズ。そのボーカルとして類稀なる存在感を放つ甲本ヒロトが、85年に真島昌利らとと結成したのが「THE BLUE HEARTS」だ。だが、同バンドは10年後の95年に突然、ラジオ番組で解散を発表。そして同年10月、「グッドバイ」という意味深な曲で始まるアルバムでデビューしたのが「THE HIGH-LOWS」だった。

メンバーは甲本と真島のほか、調先人、大島賢治、白井幹夫の5人。甲本はのちのインタビューで、THE BLUE HEARTS解散の理由を、

「ここが最高でここまでだ、という気持ちになった。4人で集まった時の空気とかムードに限界を感じた。常に変化を求めていたから」

と語っている。その言葉を実践したかのように、1stアルバムには、6分弱の長尺ながら歌詞はたった1分、というライブセッションさながらの曲など、新たなアプローチが満載。そしてアルバムの最後を飾ったのが、映画「ゼブラーマン」の主題歌で、「ダウンタウンのごっつええ感じ」(フジテレビ系)のエンディングテーマに起用された「日曜日よりの使者」だった。

実はこの曲を巡っては、今もなおファンの間でまことしやかに囁かれる都市伝説がある。それが「日曜日よりの使者」の正体が実は、ダウンタウンの松本人志だというものだ。

THE BLUE HEARTS解散後、思い悩んでいた甲本はある日曜日、自死を考えた。ところがいざ実行しようとした瞬間、たまたまつけていたテレビで「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」が始まり、あまりのトークの面白さに、自死することがバカバカしくなってしまった…と。つまり、松本が甲本の命を救った「日曜日よりの使者」だったというのである(なぜか浜田雅功の名前は出てこない)。

とはいえ、むろん都市伝説なので、ソースは不明。甲本と松本がこの件で何かコメントしたという形跡もない。だが、どこからどう伝わったのか、このあまりにもよくできた話が、現在もファンの間では語り継がれているというから、なかなか興味深いのである。

そんなTHE HIGH-LOWSも、05年11月に突如、活動休止を発表。彼らの会報誌「FAN-JET」を作る担当者さえも知らなかった活動休止劇だった。

THE BLUE HEARTSが10年、THE HIGH-LOWSも10年。そう考えると、06年7月に結成され今年7月で17年目を迎えるザ・クロマニヨンズは、メンバー自身が「常に変化」を感じられるバンドなのかもしれない。

(山川敦司)

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ