アニメ映画『犬王』、長編インディペンデント作品賞&脚本賞にノミネート

クランクイン!

 湯浅政明が監督を務める長編アニメ映画『犬王』が、“アニメーションのアカデミー賞”とも呼ばれるアニー賞の長編インディペンデント作品賞に、野木亜紀子が脚本賞にノミネートされたことが明らかになった。

古川日出男の小説『平家物語 犬王の巻』を原作に、室町時代に人々を熱狂させた実在の能楽師・犬王と、そのバディである琵琶法師・友魚の友情を描いた本作。2022年5月28日に全国121館で封切られ、観客動員数24万人、興行収入3.5億を突破。公開から7か月を超える今もロングラン上映を続けている。

湯浅監督×野木亜紀子(脚本)×松本大洋(キャラクター原案)×大友良英(音楽)らクリエイター陣に加え、犬王役には、女王蜂としての音楽活動をはじめ躍進を続けるアヴちゃん。友魚役は、カテゴリーに縛られない表現者として卓越した演技力・歌唱力を持つ森山未來。ともに圧倒的な存在感でフィルムを彩る。

日本時間1月18日深夜1時頃、“アニメーションのアカデミー賞”とも呼ばれるアニー賞にて、本作が長編インディペンデント作品賞に、野木が脚本賞にノミネートされたと発表された。

湯浅監督作品が長編インディペンデント作品賞にノミネートされるのは、『きみと、波にのれたら』(2021年)以来2度目。『アドベンチャー・タイム』でのTV部門監督賞へのノミネートも併せると3度目となる。受賞した場合、日本製作の作品としては、細田守監督『未来のミライ』(2018年)に次ぐ快挙となる。脚本賞は宮崎駿監督『千と千尋の神隠し』(2002年)『風立ちぬ』(2013年)以来だ。

受賞作品は、日本時間2月26日(現地時間2月25日)にロサンゼルスで予定されている授賞式で発表される。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ