『2.5次元の誘惑(リリサ)』TVアニメ化決定!原作者コメントも到着

マンガ誌アプリ「少年ジャンプ+」にて配信中の橋本悠の漫画『2.5次元の誘惑(リリサ)』のTVアニメ化が決定した。

>>>コスプレ姿のリリサが可愛い!原作/橋本悠のお祝いイラストを見る(写真4点)

『2.5次元の誘惑(リリサ)』は、2019年より連載がスタート、現在単行本は15巻まで発売され、シリーズ累計発行部数170万部を突破した人気作だ。
物語は2次元のキャラクター・リリエルを愛する漫画研究部部長・奥村正宗が、リリエルを愛し「リリエルになりたい」と願う新入生・天乃リリサと出会うことから始まる。リリサの情熱にほだされ、奥村は彼女のコスプレ撮影に協力することになる。
奥村とリリサの活動を通じてコスプレイヤーたちの情熱やそれぞれが抱える想い、様々な苦難を乗り越え成長していく姿を描いていく、コスプレ青春熱血作品だ。

公開されたティザービジュアル(メイン写真)は、作品のメインヒロイン・天乃リリサをフィーチャー。制服姿のリリサとスマホのカメラ越しにリリエルのコスプレ姿が描かれたもので、彼女の2つの魅力を同時に感じさせる内容となっている。

あわせて原作者・橋本 悠から喜びのコメント&イラストが到着。
TVアニメ化について「アニメに関わって下さる方々の熱い想いを作者としてひしひしと感じ、フルカラーで動くリリサたちを誰よりも楽しみにしています。どうか読者の皆様も画面の前でご一緒に!」と語り、熱い期待を寄せているようだ。

リアル(3次元)とフィクション(2次元)が交差するドキドキのドラマがいかなる形で描かれるか、続報を楽しみに待とう!

(C)橋本悠/集英社・リリサ製作委員会

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ