小栗旬『鎌倉殿の13人』最終回を前に興ざめ…ファンミ配信事故に怒りの声!

まいじつ


小栗旬 画/彩賀ゆう (C)まいじつ

俳優の小栗旬が主演を務めるNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のファンミーティングが12月7日、東京・渋谷のNHKホールで開催された。しかし、オンライン配信でトラブルが起こり、視聴者から不満の声が漏れている。

【関連】『鎌倉殿の13人』にまた声優が出演…「媚びすぎ」「声優大河じゃん」 ほか[/e

ファンミーティングは事前申し込み制で、参加費は無料。申込者が殺到した場合は抽選となり、後日、当選通知メールが届くシステムになっていた。

イベントには小栗のほか、ドラマ出演者の新垣結衣、坂口健太郎、金子大地、柿澤勇人、芹澤興人、梶原善ら、豪華キャストが顔を揃えるということもあり、参加申し込みは4万通を超え、当選倍率は31倍に。

この様子はオンラインで配信されたが、視聴者が2万5000人にものぼったためか、サーバーがダウン。中には開始から50分経っても、ずっと画面が真っ白のままの人もいたようだ。

サーバー落ちするのはわかっていたはず?


イベント開催中、ドラマの公式ツイッターは《現在、オンライン配信につながりにくい状態になっています。大変申し訳ありません》と謝罪。

配信では参加者にカメラ、マイクをオンするように指示していたとされ、これがサーバー落ちの原因になったと見られている。

オンラインでの視聴を楽しみにしていた人たちからは

《つながりにくい…ではなく、つながっていたのに落ちて、再度入ろうとしたら入れないんです!》
《開演前はログインでき、画面に向かって手を振ったりしてたのに。一度ログアウトしたら再入場できず、画面真っ白のまま。いい加減にしてください》
《ABEMAを見習ってください。レベル低すぎる。素人か。開始8分で画面真っ白、二度と入室できず》
《始まる1分前に画面が真っ白に…ずっと楽しみにしていて、時間に間に合うよう頑張ったのに辛すぎ》
《無料とはいえ、多くの人の時間を奪い落胆させたことを猛省して下さい。プロの仕事ではない》

などと、苦情が殺到している。

イベントの最後に「何らか代替を検討中」とアナウンスされたが、18日放送のドラマ最終回を前に、熱が冷めてしまったファンも多いようだ。

ネット配信の弱さが露呈したNHKだが、今後なんらかの対策や勉強が必要になってくるだろう。公共放送として、情けない結果と言わざるを得ない。

当記事はまいじつの提供記事です。