24年前のレオパード衣装を再現! 歌姫シャナイア・トゥエイン(57)の見事な美ボディに絶賛の声

カナダ出身のカントリー歌手シャナイア・トゥエイン(57)が、2022年「ピープルズ・チョイス・アワード(People’s Choice Awards)」のレッドカーペットで見事な美ボディを披露した。シャナイアは、1998年のMVで着たレオパード柄の衣装を再現した大胆なドレスを纏って登場。その姿を見たファンからは「うっとりする」「美しすぎる!」と絶賛の声が続出している。

現地時間6日、米カリフォルニア州サンタモニカにある「バーカー・ハンガー(The Barker Hangar)」で第48回「ピープルズ・チョイス・アワード」が開催された。毎年恒例の同イベントは、一般の人々からの投票により、音楽、映画、TV、ポップカルチャーの各分野でその年最も素晴らしかった作品や人物またはグループに賞を授与する。

当日、式典前のレッドカーペットでは1997年の大ヒットアルバム『カム・オン・オーヴァー』で知られるカントリー歌手シャナイア・トゥエインが、24年前の衣装を再現した姿で登場したのである。

シャナイアが纏ったのは、彼女が1998年にリリースした楽曲『That Don’t Impress Me Much』のミュージックビデオで着た、全身レオパード柄の衣装から着想を得たものだ。

当時のMVで、シャナイアは全身レオパード柄でまとめたアイコニックな姿で登場していた。フード付きロングジャケットの下にはバンドゥブラ(チューブトップ)とローライズのスリムパンツをはき、引き締まったボディを披露。同柄の大きなバッグを片手に、砂漠でヒッチハイクをするストーリーを描いたものだった。

今回シャナイアがレッドカーペットで着たのは、黒い薄手の生地にレオパード柄のバンドゥブラが付いた大胆なドレスだ。黒いベルベットのスカートはへその下からV字にカットされ、裾に向かって流れるようなドレープが入っている。

上半身は透ける素材のため腹部が露わになっているが、シャナイアは24年前のMVと変わらぬ引き締まった美ボディを披露したのだ。

肩からはレオパード柄の長いショールをゆったりと巻き、頭にはレオパード柄のフードを被っている。またフードからはピンクに染めた髪をのぞかせ、鮮やかなピンクの口紅と長いまつ毛のアイメイクで華やかさを添えていた。

シャナイアはこの後、授賞式のステージでピンクのボディスーツに着替えて登場し、米俳優ビリー・ポーターから「ミュージック・アイコン賞」を授与された。そしてピンクのレザー風の衣装に着替え、素晴らしいパフォーマンスを披露した。

シャナイアの見事なドレス姿を見たファンは、SNSで「なんてことだ! 57歳の彼女はとてもセクシーだ。うっとりするよ」「永遠のアイコン!」「素晴らしい。美しすぎる」「ディーバ!」と絶賛のコメントを送っている。



画像2~4枚目は『Shania Twain 2021年11月7日付Instagram「Polaroids from the set of ‘That Don’t Impress Me Much’」、2022年12月7日付Instagram』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ