任天堂お馴染みのバグ!?『ポケモンSV』サンドウィッチ作りに「一生うまく作れない」

まいじつ

任天堂お馴染みのバグ!?『ポケモンSV』サンドウィッチ作りに「一生うまく作れない」

任天堂お馴染みのバグ!?『ポケモンSV』サンドウィッチ作りに「一生うまく作れない」 (C)PIXTA

新作ゲーム『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』(ポケモンSV)に、プレイヤーからツッコミの声が。ちょっとしたミニゲームとして「サンドウィッチ作り」が実装されているのだが、異様に難易度が高く、“物理演算との戦い”になっているようだ。

サンドウィッチが爆発四散!


サンドウィッチ作りのシステムを詳しく説明すると、町のお店などで手に入る食材をパンの上に乗せていき、オリジナルの一品を作るというシステム。組み合わせによってレアなポケモンが出やすくなったり、経験値が増えたりと、さまざまな恩恵が得られる。

しかし食材を落とすなど、盛り付けの部分で失敗してしまった場合、狙っていた恩恵は受けられない仕組みだ。

3Dオブジェクトの物理演算を利用したいわゆる“積み木遊び”なのだが、綺麗に積み重ねていく作業が意外と難しい模様。とくに食材によっては物理演算がおかしいことになっているのか、盛大に飛び散ってしまうことも少なくない。

そのためSNSなどでは、《ポケモンのサンドウィッチ作り分かってても笑っちゃうんだけど、どうしてあんなことになっちゃったの?》《サンドウィッチ作るのが1番難易度高い》《まさかポケモンでサンドウィッチを作るのが苦しいなんてことになるとは…》《ポケモンはどんどん強くなるのにサンドウィッチだけ一生うまく作れない》《現実の方が簡単》といった声が。

トンデモ物理演算に四苦八苦しているポケモントレーナーは少なくないようだ。

サンドウィッチ作りが大好きなプレイヤーも?


3Dグラフィックと物理演算を利用したゲームは『任天堂』のお家芸のようなイメージもあるが、過去作でも数々の不具合が報告されている。

世界的に高い評価を得た『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』でさえ、ゲーム内の物理演算を悪用した移動方法や壁抜けといった数多くの“グリッチ”が見つかっているほど。

決して技術力が低いわけではないだろうが、完璧な3Dゲームを作るのはそれだけ難しいのかもしれない。

とはいえ、「ポケモンSV」のサンドウィッチ作りに関しては、逆にトンデモ物理演算を楽しんでいるようなプレイヤーも少なくない。

偶然の産物として出来上がった前衛的なサンドウィッチのスクリーンショットをSNSに投稿したり、《バジルは物理演算ヤバい。一番下に敷くといい》といった独自の攻略方法を生み出している人も。

おそらく『Cooking Simulator』のような“上手くいかないことを楽しむゲーム”として、受け入れられているのだろう。

先日公式から「ポケモンSV」の各種不具合を改善していくとのコメントが公開されたが、サンドウィッチ作りの部分にも何らかの修正が入るのだろうか。このまま食材の不思議な挙動を楽しむパーティゲームとして、プレイヤーを悩ませ続けても面白そうだ。

文=大上賢一

【画像】

master1305 / PIXTA

当記事はまいじつの提供記事です。