目黒蓮“想”、実家で大好きな音楽から自分を遠ざけてきた過去を思い出す

TVerプラス

川口春奈が主演を務め、目黒蓮(Snow Man)と共演する木曜劇場『silent』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第9話が、12月8日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

主人公の青羽紬(川口)が、かつて本気で愛した恋人である佐倉想(目黒)と、音のない世界で“出会い直す”という、切なくも温かいラブストーリー。現在TVerでは、1話から7話までのストーリーをまとめたダイジェスト動画のほか、TVer独占となる「EP#0~紬と想と湊斗、8年前のある出来事~」や「第1章~紬から見る“silent”~」が配信されている。

先週放送された第8話は、桃野奈々(夏帆)と春尾正輝(風間俊介)の出会いから別れまでが描かれた。春尾は大学院生のとき、就職活動のネタになればいいという軽い気持ちでろう者のためのボランティアを始める。そんな時に出会ったのが大学生の奈々で……。

<第9話あらすじ>
久しぶりに実家に帰ってきた佐倉想(目黒)は、空になったCDラックを見て、大学にサッカー推薦で入ったものの、耳が聞こえにくくなったことで部活を辞めてしまったことや、青羽紬(川口)に別れを告げると決めた日、母・律子(篠原涼子)に、友達には病気のことを隠してくれと伝えたこと、そして大好きな音楽から自分を遠ざけてきた過去を思い出す。一方の紬は、東京の部屋でCDを整理しながら音楽への思いについて考えていた。

また、ある用事のために実家へ戻っていた戸川湊斗(鈴鹿央士)は、偶然にも同じタイミングで想も実家に帰っていることを知り、会いにいくことにするのだが……。

当記事はTVerプラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ