最も衝撃だったAKB48グループの卒業は?前田敦子、渡辺麻友、山本彩…1位は?

gooランキング

「会いに行けるアイドル」をコンセプトに、2005年に結成されたアイドルグループ・AKB48。アイドルが成長していく姿を近くで応援できるグループとしてファンの支持を得ていますが、中には思わぬタイミングで卒業を発表したメンバーも少なくありません。
そこで今回は、AKB48グループを卒業したメンバーの中で最も衝撃だったのは誰なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

3位 渡辺麻友
2位 前田敦子
1位 ???
全てのランキング結果を見たい方はこちら!

3位は「渡辺麻友」!
「渡辺麻友」
2007年にAKB48の第3期生として芸能活動を開始し、「まゆゆ」の愛称で不動の人気を獲得。2012年にシングル『シンクロときめき』でソロデビューを果たし、2014年に開催された「第6回 AKB48選抜総選挙」では念願の第1位に輝く。2017年にAKB48を卒業して以降は女優として活動をしていたが、2020年6月に健康上の理由で芸能界を引退した。

生年月日:1994年3月26日
出身地:埼玉県
卒業:2017年12月

2位は「前田敦子」!
「前田敦子」
2005年にAKB48の第1期生として芸能界デビューし、「あっちゃん」の愛称でグループの中心的存在として活躍。“不動のセンター”と呼ばれ絶大な人気を博し、「第1回、第3回 AKB48選抜総選挙」では第1位に輝いている。2012年にAKB48を卒業してからは女優業を本格化し、数々の作品に出演。2023年もすでに2作品の映画に出演することが決定している。

生年月日:1991年7月10日
出身地:千葉県
卒業:2012年8月

1位は「山本彩」!
「山本彩」
2010年にNMB48の第1期生として活動を開始し、翌2011年のデビューシングル『絶滅黒髪少女』以来、グループの中心的存在として活躍。2016年にはアルバム『Rainbow』でソロデビューを果たす。2018年にNMB48を卒業して以降は歌手としての活動を本格化し、2021年にはシングル『ドラマチックに乾杯』がドラマ『その女、ジルバ』(フジテレビ系)の主題歌に起用された。

生年月日:1993年7月14日
出身地:大阪府
卒業:2018年11月

2022年12月には約1年ぶりとなるライブ『SAYAKA YAMAMOTO LIVE 2022 "now"』の開催が決定している山本彩が1位となった今回のランキング。気になる4位~45位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたが卒業発表に衝撃を受けたメンバーは、何位にランク・インしていましたか?

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票合計数:703票
調査期間:2022年9月16日~2022年9月30日

当記事はgooランキングの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ