未来を目指す!『機動戦士ガンダム 水星の魔女』がアクリルロゴEXに

ガンダムシリーズアニメ最新作『機動戦士ガンダム 水星の魔女』のタイトルロゴを使った「アクリルロゴディスプレイEX 機動戦士ガンダム 水星の魔女 (大)」が登場。「バンコレ!」にて予約受け付け中だ。

『機動戦士ガンダム 水星の魔女』はは現在放送中のガンダムTVシリーズ最新作。
その魔女は、ガンダムを駆る。
A.S.(アド・ステラ)122――数多の企業が宇宙へ進出し、巨大な経済圏を構築する時代。
モビルスーツ産業最大手「ベネリットグループ」が運営する「アスティカシア高等専門学園」に、辺境の地・水星から一人の少女が編入してきた。名は、スレッタ・マーキュリー。
無垢なる胸に鮮紅の光を灯し、少女は一歩ずつ、新たな世界を歩んでいく。

「アクリルロゴディスプレイEX」は、バンダイ ファッションブランド事業部が提案する「飾る」をテーマにしたアクリル雑貨シリーズ。
「ロゴを飾る。ロゴと飾る。」をテーマに、そのキャラクターを象徴するロゴをフィーチャーした、ディスプレイの新しい形を提案。特撮・ロボット・アニメ・コミック・洋画・アーティストなど、様々なジャンルから商品化を実現している。
アイテムによっては10回以上の再販が行われている大ヒットシリーズで、2022年11月の段階で累計販売20万個を突破している。

「アクリルロゴディスプレイEX 機動戦士ガンダム 水星の魔女 (大)」は、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』より作品のロゴを商品化。
一般的なアクリルスタンドとは異なり、約10ミリの厚みと表面加工により存在感と高級感を演出している。単品で飾ることはもちろん、コレクションと飾るなど、さまざまなディスプレイの可能性が提示されている。
すでに発売中の「ガンダム・エアリアル」のプラモデルや今後発売予定のロボット魂シリーズ、主人公スレッタ・マーキュリーやヒロインのミオリネ・レンブランのプラモデルやこちらも発売予定のS.H.Figuarts、Figuarts miniと並べるのも楽しいだろう。

また、あえて全然違う作品のアイテムの前に並べる、というギャグ的な使い方もある。
SNSの発展で玩具やプラモの写真を撮って公開することは一般的な遊びになった。なんでもかんでも『水星の魔女』にしてしまってツッコミ待ちの写真を撮ることも面白いのではないだろうか。

ところで、『水星の魔女』ファンが今一番ほしがっているロゴ関係のアイテムは「株式会社ガンダム(GUND-ARM)」のものではないだろうか。バンダイ ファッションブランド事業部のフィットワークの軽さに期待したい。

>>>「アクリルロゴディスプレイEX 機動戦士ガンダム 水星の魔女 (大)」のデザインやディスプレイ例を見る(画像9点)

(C)創通・サンライズ
※「アクリルロゴディスプレイEX 機動戦士ガンダム 水星の魔女 (大)」以外は別売り。

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ