全国ヒンヤリ 今夜は関東や東北南部で雪の所も あす6日は北陸から北で雪強まる

日直予報士

きょう5日(月)は全国的にヒンヤリ。雲が多く、冷たい雨や雪の所もあります。午後3時、新潟市でみぞれを観測。今夜は関東北部や東北南部の平地で雪の所も。あす6日(火)は北陸や東北から北海道の日本海側で雪の強まる所がありそうです。

●午後3時 新潟市でみぞれ

きょう5日(月)は全国的に雲が広がり、冷たい雨や雪の降っている所もあります。最高気温は全国的に平年を下回り、関東から北海道にかけては真冬並みの所もありました。

午後3時、九州から中国、四国は冷たい雨で、福岡市では10.7℃、広島市で10.9℃などと、10℃を少し超える程度となりました。
関東や東北南部は、所々に雨雲や雪雲がかかっていて、午後3時の気温は、東京都心で7.2℃、福島市で6.0℃など真冬並みの寒さになりました。新潟市ではみぞれ、山形市では雪を観測しました。
東北北部や北海道も日本海側で雪が降り、札幌市は午後3時の気温がマイナス2.6℃で真冬日となりました。

●きょう5日夜 関東北部や東北南部の平地で雪の所も

きょう5日(月)夜は、関東や東北南部でも雨から雪に変わる所がありそうです。
山沿いでは広く雪が降り、今シーズン初めてのまとまった雪になりそうです。積雪にご注意ください。
関東の雪は、山沿いが中心となりますが、北部の平地や埼玉・秩父地方、東京・多摩地方など内陸の一部でみぞれになるかもしれません。また東北南部は福島県など次第に雪の範囲が広がり、あす6日(火)朝にかけて、平地でも積雪のおそれがあります。

このあと、あす6日(火)朝にかけて峠越えの車の運転をされる場合は、ノーマルタイヤでは大変危険ですので、必ず冬用のタイヤに交換して慎重に運転をなさってください。

●あす6日(火)は北陸と北日本で雪強まるところも

関東や東北南部の雨や雪は、あす6日(火)朝にかけてとなるでしょう。

あす6日(火)は、日本海に発生する低気圧が発達しながら、北陸や東北付近を通過するでしょう。また、北海道には、再び真冬並みの寒気が南下する見込みです。
北陸や東北から北海道の日本海側では、あす6日(火)夜から雪の強まる所があり、日本海側では、雷を伴って雪の降り方が強まる所もあるでしょう。落雷や突風、ひょうやあられなどにもご注意ください。また、沿岸部では強い風にも注意が必要です。

積雪が一気に増えた北海道や東北北部では、さらに雪の量が増えそうです。なだれや落雪などにもご注意ください。

●雪道運転 万が一に備えての安心グッズ

雪道運転をする場合、立ち往生など万が一に備えて、次のものを用意しておくと安心です。

(1)防寒着やカイロ、毛布など暖をとるもの
暖房がとまってしまった際の車内温度の低下に備えましょう。

(2)飲料水や非常食、モバイルバッテリー、簡易トイレ、懐中電灯
長時間、車内で過ごすことや夜間のトラブルを想定して準備しておきましょう。

(3)ブースターケーブル、 牽引ロープ、タイヤチェーン
バッテリー上がりの際に使用するブースターケーブルや発進不能になったときの脱出に役立つ牽引ロープもあると良いでしょう。スタッドレスタイヤだけでは対処しきれないほどの積雪にも対処するため、タイヤチェーンもあると役立ちます。

(4)軍手、ゴム手袋、長靴、スコップ
除雪ができるものを準備しておきましょう。マフラーが雪に埋まると排気ガスが車内に逆流し、一酸化炭素中毒を起こすおそれがあります。

雪道を運転する際は、もしものときに役立つグッズをクルマに積んでおくようにしてください。加えて、出かける前に燃料が十分にあることを確認しましょう。ただし、気象情報や交通情報を確認し、大雪や猛吹雪が予想される場合は、外出の予定を変更したり、移動手段を変更したりすることも検討してください。

当記事は日直予報士の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ