かたくなに帽子をとらない彼にモヤモヤ…一瞬ぬいだスキに見えたのは?

女子SPA!

最初は「ステキな人!」と思っていても、何度か会ううちに「なんか違うかも…」と思う出来事が起こったりもするものです。今回は、いい感じだったのに“なんか違う感”がぬぐえず、お別れしてしまったエピソードふたつをご紹介します。

◆いい感じの彼には気になる部分が

都内で会社員をしている高野朝子さん(30歳/仮名)。最近アプリで知り合ったAさんとは話が合い、順調に数回のデートを重ねていました。しかし、ひとつだけ気になることが…。

「Aさんは楽しいし見た目もタイプなのですが…、なぜかデート中ずっと帽子をかぶったままなんです。まだ1度も帽子を脱いだところを見たことがなくて。もしかして薄毛なのかなとも思いますが、私は気にしないのに…」

少しいい感じのレストランに入っても、頑なに帽子を取らないため、「マナー違反では…?」と気になってしまう朝子さん。

◆帽子の中が気になる

隠されると余計に気になるものです。その日のデートでも朝子さんは「そんなに髪が薄いのかしら…?」と気になっていました。すると、チャンスが到来したのです!

「予約していたレストランに入った時、他のお客さんに彼のハットのつばが当たってしまい、帽子がズレたんです」

朝子さんが「チャンス!」と思っていると、Aさんは一瞬髪を整えるために帽子を脱ぎ、再びサッとかぶりました。

◆帽子を脱いだ印象は?

今か今かと待ち構えていた朝子さんは、一瞬見えた帽子の中をしっかりとチェック。

「Aさんは、確かにおでこは少し広めかなと思いましたが、薄毛というほどではありませんでした。本人がどう感じているか分かりませんが…。私には頑なに脱がない方が違和感がありました…」

朝子さんとAさんは3ヶ月ほどの間に数回デートを重ねるも、結局Aさんは常に帽子。

「いつかは脱いでくれるのかな?と思っていたのですが、何度会っても脱ぎませんでした。なんだか距離を感じるようになってしまったし、マナーも悪い気がして…フェードアウトしてしまいました」

◆お笑い芸人を目指しているひょうきんな彼

続いては医療関係の仕事をしている佐藤えりかさん(28歳/仮名)のエピソードです。えりかさんは友人の紹介で知り合った、契約社員をしながらお笑い芸人を目指しているBくんといい感じに。

「Bくんは見た目はタイプではないものの、お笑い芸人を目指しているだけあって本当におちゃめで面白く、一緒にいて常に笑わせてくれました。ストレスの多い仕事なので、楽しく笑えるのはありがたく、癒される存在でした」

2回ほどデートを重ね、えりかさんは「お付き合いもアリかな~」と考えていました。

◆ロマンチックなデートだけど

えりかさんは、Bくんとの3回目のデートで、少し高級な夜景が見えるホテルのバーに誘われます。

「その日はなんだか最初からBくんは様子が変で、いつもみたいにふざけないし、カッコつけてる印象でした。告白しようとしてるのかな…?とは思いました」

しばらくしてBくんがトイレに席を立ち、戻ってくると、なんとえりかさんが座っている椅子ごとバックハグされました。

◆突然のバックハグ

バックハグされたえりかさんは「どうしたの~」と笑いますが、Bくんは「もっと夜景がキレイな部屋を取ってあるんだけど」と耳元で囁きます。

「正直、バックハグされた時点でムズムズしました。Bくんの様子が普段とあまりにも違い過ぎて…。キムタクじゃないのにキムタクみたいに振る舞われても…」

どうお断りしようか悩んでいると、そのままえりかさんはアゴをくいっとされ、Bくんにキスされます。

「キスされた瞬間、『はぁ~っ?』と心の中で叫んでしまいました。盛り上がっているBくんとの温度差を感じましたし、まだちゃんと付き合ってはいないのに…。芸人さんだし、結構遊んでいるのかなとも思いました」

えりかさんの心は冷え切ってしまい、「ちょっとお手洗いに」と席を立ち、そのまま逃げるように帰ってしまったとのこと。

「カッコつけようと無理してる感じを『可愛い』と思えたらよかったけど、悪い意味でのギャップにひいてしまい、『あ、無理。』って思ってしまいました」

その後は2度と会わなかったそうです。

<文/まなたろう>

【まなたろう】

多岐にわたって興味があるアラフォーライター。コーヒーが好きで資格を取得中。海外に12年ほど住んでいたため、英語はそこそこ堪能。

当記事は女子SPA!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ