可愛ぎるんだが…。男性が放っておけなくなる「甘え仕草」

beauty news tokyo


「甘え上手は愛され上手」とも言われます。そこで今回は、つい男性が放っておけなくなる「甘え仕草」を紹介。ぜひ参考にしてみてくださいね。

|甘え仕草のポイントって?


単に甘えるだけでは男性との関係性がより良くなるとは限りません。大切なことは「甘え」と「わがまま」の違いをわきまえること。「わがまま」を「甘え」と勘違いしてしまうと、男性から面倒がられるだけなので注意しなければなりません。それでは、上手な「甘え仕草」をチェックしてみましょう。

(1)ちょっぴり困った表情に


男性の本能をくすぐるのが、女性のちょっぴり困った表情です。男性は女性を守りたいという本能から、困り顔を見せられると「何でもしてあげたい!」という気持が強まり、そんな女性をとても愛おしく感じるでしょう。ちょっぴり駄々っ子のような表情で、おねだりができる女性は甘え上手と言えるでしょう。

(2)軽めのボディタッチ


男性に甘えたいときには腕を組んだり、手を握ったり、肩に手を当てたり、軽めのボディタッチをしてみましょう。ボディタッチをされるだけで男性はドキドキしてしまいますし、その上、可愛く甘えられたら、もうたまらなく好きになってしまうでしょう。

(3)はにかむように上目づかいで


やはり男性がとても可愛く感じるのが女性の上目づかい。そんな上目づかいで甘えられたら、きっと男性のほとんどは言いなりになってしまうかも知れません。まるで子犬が飼い主に甘えるような目つきに、男性はもうメロメロになってしまうでしょう。

男性は女性に甘えられることが基本的に大好き。ですが、「甘え」と「わがまま」はきちんと区別することが大事です。そうすれば、いつまでも男性は愛情を持ってかまってくれるでしょう。

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。