ハマるワンマイルウェアも! ユニクロアイテムでつくる「大人のおうちコーデ」であったか

All About

例年より寒いといわれている今年の冬。ユニクロアイテムを使って暖かいおうちコーデをつくるコツをご紹介します。

例年より寒い!? 今シーズンのおうちコーデに使えるアイテムは

2022年の冬は、ラニーニャ現象等の影響で例年より寒くなるといわれています。光熱費も上昇しているため、なるべく着るものでも暖かさをキープしたいですよね。ユニクロの優秀アイテムを使って、おうちで過ごすあったかコーデのポイントをお伝えします。

1. 薄手のキルティングベストで室内でも暖かく

薄手のベストはさっと羽織れる上、首元もノーカラーで邪魔にならず着やすい 出典:StyleHint
室内でもなんとなく肌寒さを感じる時は、薄手のベストがあるととっても便利。暖かさが全然違います。写真では、ユニクロの「ウォームパデッドキルティングベスト」を着用。風のない室内なら、袖がなくてもあまり寒さは気になりません。

家事等の時も邪魔にならない上、撥水加工でよごれにくいのもおすすめです。

中綿が入っていますが、さっと羽織れる軽さと薄さで、首元もノーカラーで邪魔にならないのが◎。出かける時はこの上からアウターを羽織ってもOKです。

2. ヒートテックのタートルカットソーで首元を冷やさない

気軽に着られるカットソー素材のタートルは防寒対策に一押し 出典:StyleHint
暖かさをキープしたい時は「首、手首、足首」を冷やさないように、とよくいわれますよね。特に首元が開いていると寒いので、そんな時はハイネックやタートルネックで暖めるのがおすすめです。

ユニクロの「ヒートテックシームレスリブタートルネックT」は冬でも暖かく、ふんわりした肌触りにこだわった「極暖」のリブ素材を使用。

写真のように「オレンジ」等、明るい色を選ぶとコーディネートの差し色にもなって一石二鳥です。

3. 一度はくとやめられない! ボアスウェットパンツ

内側がボア素材&足首がきゅっと締まったデザインなのであったか 出典:StyleHint
とにかく楽チンで暖かい! ゴロゴロしたい時にもぴったりの優秀アイテムがユニクロの「ヒートテックボアスウェットパンツ」です。

肌に接する内側の面がふわふわのボア素材になっているヒートテックパンツ。毎年出ている定番パンツですが、今年度はストレッチ性をアップデートしてさらに動きやすくなっています。シルエットがきれいなので、そのまま近所にも出かけられるワンマイルウエアとしてもおすすめです。

4. 長さのあるレッグウォーマーで手首や足元からぽかぽかに

脚に使うのはもちろん、SNSではアームウォーマーとして使うのも人気 出典:StyleHint
足元が冷えているとなかなか体も温まらないですよね。そんな時におすすめなのが、ユニクロの「ヒートテックニットレッグウォーマー」。少し厚手のヒートテックのリブ素材を使用しており、伸ばしても、クシュッとさせても使える丈感が◎。

シンプルなデザインなので、おうちはもちろん、オフィスで冷えが気になった時や、アウトドアシーンにも使えるんです。

さらに、SNSではこちらの「ヒートテックニットレッグウォーマー」を写真のようにアームウォーマーとして使うのも人気の着こなしだそう。プチプラなので、レッグ用、アーム用と2本揃えて使い分けるのもいいかもしれませんね。

ぜひ、おうちコーデの参考にしてみてくださいね!
(文:横瀬 真知子(レディースファッションガイド))

当記事はAll Aboutの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ