ずっと一緒にいたい。男性が「結婚を考えている女性だけ」に伝えること

beauty news tokyo


交際期間が長くなってくると、そろそろ結婚など将来設計を意識し始めるかもしれません。しかし、男性はどのようなタイミングで結婚について考えるようになるのでしょうか? そこで今回は、男性が「結婚を考えている女性だけ」に伝えることを紹介します。

「家事は得意なんだ」


男性が「自分は家事ができる」というアピールをするときは、結婚を意識し始めたと考えられます。結婚すれば2人で協力して家事や育児をするのは当然。なので、家事が得意なことを結婚したい彼女に伝えて、少しでも女性の負担を軽減しようと考えているのでしょう。

「将来は◯◯したいな」


男性は、結婚したい女性に対して、自分の将来を語ろうとする傾向があります。仕事でどんな成功をおさめたいのかはもちろん、女性の仕事についても聞いてくるでしょう。それは、彼女が結婚したら仕事を続けるか家庭に入りたいかの意思を知りたいから。また、子どもは何人欲しいかなどの話になれば、結婚を考えている可能性が高いと言えます。

「両親に会ってほしい」


彼女に「自分の両親を会ってほしい」という男性は結婚を視野に入れています。また、男性から「あなたの両親に会いたい」と言われるなら、結婚に対する気持ちが真剣と言えるでしょう。お互いの家族についての話が増えただけでも、彼はあなたとの将来を考えている証拠です。

「結婚したいと思っている」


本気で結婚を考えている男性は、ストレートに想いを口にしてくれるはず。もし回りくどい言いかたをして、彼女に気付いてもらわなければ困るからです。シンプルに「結婚したい」と言われる方が、女性からしてみても喜びが大きくなるでしょう。

男性が結婚を考えている彼女に伝える言葉は、「ずっと一緒にいたい」という気持ちの表れ。もし交際中の男性に今回紹介した言葉を伝えてもらったら、ぜひ真剣に男性との結婚を考えてみてくださいね。

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。