不運なサンタクロースが繰り広げるアクション作『バイオレント・ナイト』、来年2月日本公開&予告解禁

クランクイン!

 デヴィッド・ハーバー主演の映画『バイオレント・ナイト』が、2023年2月3日より日本公開されることが決定した。併せて、本作の予告編とポスタービジュアルが解禁された。

本作は、ブラッド・ピット主演『ブレット・トレイン』やボブ・オデンカーク主演の『Mr.ノーバディ』でスタイリッシュかつド派手なハリウッド製アクションの手掛けた製作集団「87ノース・プロダクションズ」による、“運の悪いおじさん”“平凡なおじさん”に続き、ナーメ・テーター(※一見弱そうなおじさんが実はとんでもなく強い、ギンティ小林氏命名のサブジャンル)シリーズ第3弾。武装集団3億ドル強奪計画に巻き込まれたリアル“サンタのおじさん”が繰り広げる、聖なる夜のアクション・エンターテイメントだ。

クリスマスイブの日、子供たちにプレゼントを届けに来て強奪計画に巻き込まれる不運なサンタクロース役は、ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のホッパー署長で大ブレイクしたデヴィッド・ハーバー。ワイルドでメタボ体形・大酒呑みにも関わらず、ビュアなハートを持つ魅力あふれる“リアル“ならではの風刺の効いた聖人サンタクロースを好演する。武装集団を率いるリーダー・スクルージ役は、名バイプレーヤーのジョン・レグイザモが演じる。

解禁された予告編は、場末のバーで呑んだくれるサンタクロース(デヴィッド・ハーバー)が、プレゼントを届けるため、トナカイが引くソリでクリスマスの空を駆けるシーンから始まる。続いて場面が変わると、富豪ファミリーが盛大にパーティを開く豪邸の敷地に、怪しい黒い影が。「史上最悪のイブにしてやる」というスクルージ(ジョン・レグイザモ)の指令とともに、スノーモービルの武装集団が突入を開始し、富豪ファミリーを人質に取って屋敷を占拠する。

そんなこととはつゆ知らず、屋敷に降り立ち、プレゼントを置いて帰ろうとするサンタだったが、運悪く武装集団の一味と鉢合わせになってしまう。プレゼントを届ける能力は高いが、戦闘力ゼロの“リアル”サンタは、無我夢中で近くにあったクリスマスオーナメントを駆使して反撃に出る。果たしてサンタは少女を救出し、富豪ファミリーのクリスマスを取り戻すことが出来るのか?

日本版ポスタービジュアルは、“リアル”サンタクロースに扮したデヴィッド・ハーバーが、火のついたキャンディーケインをくわえ不敵な笑みを魅せるインパクト大のビジュアル。“この映画が聖夜(サイレント・ナイト)をブッ壊す。”と挑発的なコピーが躍動する。まさに、リアルサンタ・アクションエンターテイメントの名にふさわしい仕上がりとなっている。

映画『バイオレント・ナイト』が、2023年2月3日より日本公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ