冬の洗練肌は“セミマット肌”!やりすぎないトレンドベースメイクのコツ

E-TALENTBANK


マット肌とツヤ肌の中間であるセミマット肌。セミマット肌は2022年秋冬のトレンド肌にもなっています。ですが、「どうやってセミマットな肌を作ったらよいの?」と意外に難しいもの。セミマットな質感の肌を作るには、外せないポイントがあります♪今回は、流行りのセミマット肌で重要なコツを含め、セミマットな質感の肌を作る方法を解説していきます!

【関連記事】いつものメイクにプラスで即旬顔!秋冬メイクに取り入れるならこの色♪

■下地




セミマットな質感の肌にするためには、ツヤ感のある下地を使う事が大事!

ベースの段階でツヤを仕込み、内側からにじみ出るような自然なツヤ感を演出できます♪



さらに、セミマットはマットも入っているため、明るさが出づらいです。その為、ベースでしっかりとトーンアップもしておきましょう!

あまりにも皮脂が気になる人は皮脂吸収系の下地でもOKです。

■ファンデーションはマットタイプを




セミマット肌は、使い慣れているファンデーションで作れますが、ツヤがありすぎるとセミマットは作りづらくなってしまいます。

そのため、ツヤ以外のファンデーションを塗った上から、フェイスパウダーでほんのりツヤ感をプラスして、セミマットな肌へと仕上げていきましょう♪



もし、ツヤタイプのファンデーションしかない場合は、ファンデーションをつけたら何もついていないパフで余分な油分を取り除き、艶感を抑えるとgood!

厚塗りにならないように、顔の内側から外側へとファンデーションを塗って、フェイスラインは薄づきになるように!

■パウダーは必須




セミマット肌に重要な、フェイスパウダー。下地とファンデーションを塗った後に、全体の仕上がりを調整していきましょう。

地肌の質感にツヤが足りない場合はツヤ感のあるパウダーを使い、ツヤ感が多い場合はマットなパウダーを使って整えます。



どちらにせよ、パウダーはブラシに取り、叩き込むように乗せていけば、ふんわりセミマット肌の完成です♪

肌の質感を自分でコントロールできると、普段のメイクのバリエーションも増え楽しくなります!ぜひ、明日からのメイクでトライしてみてください♪

Text & Photo by RIE

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。