結婚式で司会者に呼ばれ、爆笑された男性 そのワケは?

grape

結婚式にはいろいろな演出がありますが、新郎新婦のもとまで、結婚指輪を運ぶ『リングガール・リングボーイ』は見どころの1つ。

幼い子供が大役を務める姿はほほ笑ましく、来場者のほとんどが笑顔になる瞬間でしょう。

みはらあや(mihaland4242)さんも、自身の結婚式に『リングボーイ』の演出を取り入れました。

しかし、誰がやるかは当日のサプライズ!

選出された人物が司会者に呼ばれると、式場の空気が変わりました。

@mihaland4242 やっぱ持つべきものは友やな!! #結婚式 #挙式 #人前式 #サプライズ #リングボーイの快斗くん #楽しい結婚式になりました #リングボーイ #結婚式サプライズ#リングボーイのかあい演出 #面白い @若イケおじ🔥快斗 ♬ オリジナル楽曲 - あや 🏰みはらんど🏰

選出されたのは、小さな男の子…ではありません!

サプライズで選ばれたのは、新婦の友人で大人の『快斗くん』でした。

「後ろにご登場ください」と司会者に指名され、戸惑いながらも、結婚指輪が乗ったリングピローの役割をしている、木彫りのクマを受け取りに行きます。

「上手にできるよう、温かい拍手でお出迎えください!」

そう司会者にうながされると、式場は拍手で湧き上がりました。

『快斗くん』も最初は恐縮しつつ、最後はノリノリで新郎新婦のもとまで届けに行きます。

みはらさんによると、『快斗くん』の人柄から、絶対に対応してくれると信頼していたとか。

【ネットの声】

・今まで見てきた中で、一番上手な『リングボーイ』です!

・終始、子供扱いされている点がツボにはまった。

・司会者、ノリノリである。

・友達のパターン、いいですね!これやりたい!

なお、目を引く木彫りのクマは、実はみはらさんの亡くなった祖父母の家にあった遺品。

遺品整理の時に、みはらさんが譲り受け、結婚式でリングピローとして使おうとアレンジしたそうです。

クマが背負っているのは、ミニ座布団に縫い付けられた鶴の水引。

きっと、祖父母も木彫りのクマが孫の結婚式に使われて、喜んでいることでしょう。

笑顔があふれる結婚式に、元気をもらいますね。


[文・構成/grape編集部]

出典 mihaland4242

当記事はgrapeの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ