世界一のバーレスクダンサー・経営者が目指す「歌舞伎町の人間交差点」

日刊SPA!

 ナイトクラブやショーパブといった夜の社交場では、妖艶でセクシーなパフォーマンスを披露する女性ダンサーが活躍している。ポールダンス、ゴーゴーダンス、バーレスク……。

このようなセクシーダンサーの見せる華麗なステージは、魅惑の夜の世界でしか味わえない、まさに“大人のエンターテイメント”と呼ぶに相応しいものだろう。

そんななか、2010年12月にバーレスクダンサーとしてショーデビューを果たし、2020年と2021年に開催されたバーレスクの世界大会で優勝経験を持つのがRITA GOLDIE(リタ・ゴールディー、32歳)さんだ。

デビュー以来、一度も途切れることなく出演オファーを受け続ける日本随一のバーレスクダンサーとして知られ、現在は新宿・歌舞伎町に構えるバー「FANTASTIC LOUNGE」を経営している。

リタさんは、「歌舞伎町の人間交差点」を作りたいと話す。彼女がバーレスクダンスに興味を持ったきっかけやバーレスクショーにかける想い、そして今後の展望について本人へ話を聞いた。

◆バーレスクダンサーの道を目指すために専門学校を中退

バーレスクとは、華やかな衣装を“焦らし脱ぎ”のテクニックを使ってお色気や艶をアピールしたり、ストーリーに社会諷刺(パロディ)の要素を交えたメッセージ性の高いパフォーマンスやセクシーダンスで観客を盛り上げるショーのこと。

いまや大人向けのエンターテイメントとして確立され、世界中でバーレスクダンスが楽しまれている。

リタさんがバーレスクダンサーの存在を知ったのは、 アクセサリー制作を学ぶ専門学校に通っていたときだった。

20歳の頃、アクセサリーの制作をする中で、テーマを決めるため情報収集を重ねていた。ネットでさまざまな情報を調べていくなかで、1940~1950年代のピンナップガール(壁にピンでとめた写真のモデルのこと。今でいうグラビアやポスターの女性)にたどり着く。

「当時のピンナップガールには、、バーレスクダンサーが起用されていることを知りました。専門学校でアクセサリー作りを学び、ものづくりの道を進もうと考えていた時期もありましたが、もともとバンドを組んで人前でライブパフォーマンスをしていたこともあって。自分自身で演出や衣装を考えてショーに出れるバーレスクダンサーに憧れを持つようになり、自分でもやりたいと思うようになったんです」

リタさんは、バーレスクダンサーの道を目指すため、専門学校を中退し、本格的にバーレスクの世界へ飛び込んでいった。

◆練習開始からわずか3ヶ月でステージデビューを果たす

しかし当時は、日本でバーレスクダンスを教えているところがほとんどなく、主に独学で学んでいったそうだ。

「国内でも、わずかながらバーレスクダンサーとして活動している方がいたので、その方が出るショーを観に行ったり、ワークショップに参加したりして本場のバーレスクダンスを実際に体感することから始めました。また、ダンスの振り付けやセクシーな身体の動かし方を学ぶためにポールダンスのレッスンに通うなど、工夫しながらバーレスクダンサーの基礎となるスキルを身につけていきました」

バーレスクダンサーとしての第一歩を踏み出したのは、練習を始めたわずか3ヶ月後。知人から誘われたイベントでステージデビューを果たした。

「バーレスクダンスをやろうと決意してからは、かなりハイペースで練習してきたんですが、バーレスクの修行を始めたと周囲に話しているうちに知り合いの1人からイベント出演のオファーをもらって。もちろん、まだまだ未熟で『もっと上手くなってから出たい』と言って断ることもできたと思うんです。

でも、投資のタイミングと同じで『今だ!」と思ったらアクションを起こすことが大事だと考えていました。まずは現場でショーに出てみて、自分のバーレスクダンスに対するお客様の反応を見て感触を掴むことが重要だなと。そうしないと波に乗り遅れると思っていたので、迷わず舞台に立とうとオファーを承諾したんです」

実はその当時、米歌手クリスティーナ・アギレラが主演の映画『バーレスク』が公開され、世間的にもバーレスクダンスへの関心が高まる兆しを見せていた。

このようなトレンドを汲み、リタさんはバーレスクダンスの認知が広まっていくことを見越し、早々にステージデビューする選択をした。

◆自分を売り出すためのモデルや芸能活動はやらなかった

この決断が功を奏し、初出演したイベントをきっかけに毎回新たなオファーをもらうようになっていく。というのも、当時はバーレスクダンサーの数が少なく、イベントを盛り上げる“華”としての需要が相応にあったからだ。

リタさんは「駆け出しの頃は誰かが現場を与えてくれるものではなかったため、オファーをいただいたら出演するようにしていた」と語る。

「バーレスクダンサーとして活動を始めて1年くらいは、ギャラ(報酬)はあまり意識せず、とにかく舞台に立ってショーを見せることを重視していました。基本的にはオーガナイザーからいただく出演条件に合わせていましたね。現場によってギャラをもらえる場合もあれば、そうじゃないときもありました。ただ、ステージを観たお客様から“おひねり”をもらう機会は多かったですね。

とにかく場数を踏んで実績を作りたかったので、報酬面はあまり気にしていませんでした。むしろ、昔のバンド時代はチケットノルマがある世界だったので、ノルマがないのはすごく感動したのを覚えています(笑)」

先述した映画『バーレスク』はもとより、2011年にはショー・クラブ「バーレスク東京」が六本木にオープン。

奇しくもリタさんの予想通り、バーレスクが広く世の中に知れ渡るようになる。

こうしたなか、ショーに出ることを繰り返し、地道な努力の積み重ねを怠らなかったリタさんは、一人前のバーレスクダンサーとしてさらに階段を駆け登っていく。

「バーレスクダンサーの傍ら、銀座のフェティッシュバーや北新地の高級クラブでも働いていましたが、自分を売り出すためのモデルや芸能活動をやろうとは思っていませんでした。バーレスクの魅力を伝えるにはどうすればいいかを常に念頭に置きながら、ショーのコンセプトや衣装、立ち振る舞いなどを追及してきたんです」

◆「365日毎日イベントに追われる」ような店舗経営の難しさ

バーレスクダンサーを続けていくうちに、リタさんは「イベントで知り合ったファンと、最終的に集まれる場を作りたい」と考えるようになったそうだ。

そこで、2014年には志を共にする仲間と共に高田馬場に多目的イベントスペース「高田馬場AFTER PARTY」を開業。

バーレスクダンサー兼経営者のひとりとして、場所の切り盛りをするように。

バーレスクダンスやベリーダンス、マジック、ボディペイントなど、一芸に秀でたアーティストが出演し、毎夜イベントを盛り上げていたという。

「店舗経営の難しいところは、言わずもがな集客面です。これまで出演していたパーティーやイベントと異なり、言ってしまえば“365日毎日イベント”があるような大変さゆえ、初めの頃は会う人会う人に声をかけ、連絡先を交換して、『良かったらショーを観に来てください』とお誘いしていました。

もう本当に腱鞘炎になるくらいメッセージを送り続けていましたね……。それくらい必死になりながら、ほとんど広告費もかけずに半ば手弁当で活動を続け、店舗に足を運んでくださるお客様を少しずつ増やしていったんです」

◆Twitterに心血を注いだことで新規のファンが増えていった

また、リタさんはこの頃からTwitterにも力を入れるようになる。

Twitterで拡散されやすいバーレスクのネタを研究し、一般の人が興味を抱いてくれそうな内容を考えたり、時事的なニュースや話題にバーレスクを絡めたメッセージを発信するなど、SNSのフォロワーを増やすために工夫を凝らしてきたという。

「ネタのためにいろんな場所にわざわざ出かけたりと、結構本気でTwitterに取り組んでいました。最初はフォロワーが2000人と、リアルで会ったお客様中心のアカウントでしたが、発信を続けていくうちに4000人くらいになり、その辺りから毎回1組は『Twitter見てショーを観に来ました』と言っていただけるお客様が増えましたね」

◆バーレスクダンスは趣味ではなく“家族を養う手段”そのもの

2017年には店舗を歌舞伎町に移し、店名も「AFTER PARTY TOKYO」と改め、毎日バーレスクショーを行うショーラウンジとして再出発を図る。

いっとき、出産のために現場を離れていた時期もあったそうだが、それ以外はバーレスクダンサーとして活動を継続。

2020年、2021年にはバーレスクの世界大会で優勝に輝くなど、今もなお一線で活躍し続けている。

「バーレスクダンスは趣味ではなく、自分のライフスタイルの一部であり、職業になっている」

そう語るリタさんは、バーレスクダンサーたる所以についてこのように話す。

「会社に勤めているサラリーマンや他のフリーランスで仕事をしている人と同じように、家族と自分を養っていくための手段としてバーレスクダンスの仕事を捉えており、私にとっては社会と関わりを持つ手段なんです。派手な衣装やセクシーな踊りをするのが特殊なだけで、それ以外は普通の仕事と変わらないと思っていますね。だからこそ真っ当にやっていくべきだし、誇りを持ってバーレスクダンスに取り組めている自分がいるんだと思います」

◆自分の経験を後世に伝え、バーレスクダンサーを増やしたい

そして直近では、後進の育成にも力を入れている。

コロナ禍では、バーレスクダンサーを始めたいと思う人向けに、今までステージでのショーで学んだ経験を体系化した動画教材を作成。

「自分がやってきたことを後世に伝え、バーレスクダンスをやる人を一人でも多く増やしたい」とリタさんは話す。

「対面レッスンだと一度に教えられる人数に限界がありますが、オンラインであれば、どこにいてもバーレスクダンスを習うことができます。海外にはバーレスクダンスを始めるためのチュートリアルやカリキュラムがしっかり用意されていますが、日本にはあまりなかった。そのため自分が動画教材を作り、バーレスクダンサーになりたい人のためにきっかけづくりになればと考えたんです。

他方、ステージデビュー以来ずっとバーレスクダンスの啓蒙活動をやってきたリタさんにとって、「“現役”で踊り続けることにもこだわっている」とも話す。

「踊りって消えゆくものですし、ショーを観てくれたその場の時間に価値があるわけで、動画を残すことも大事ですが、やはり現場で生のバーレスクダンスを観た方が、人は絶対に感動します。なので、自分が踊ることで、『バーレスクをやりたい』と思ってくれる人が増えたらいいなと思っています」

◆歌舞伎町の「人間交差点」となるバーを目指す

昨年AFTER PARTY TOKYOから独立し、歌舞伎に新たなバー「FANTASTIC LOUNGE」をオープンさせたリタさんは「多様性あふれる人たちの人間交差点」を作りたいと意気込む。

ショー活動をしてきた経験から得た学びを活かし、さらに多様な生き方をしている人達とのさまざまな出会いが日々生まれる空間を目指し、店舗経営を行っているという。

今後の展望についてリタさんは「引き続きバーレスクダンスの魅力を啓蒙し、仕事として成り立つように尽力したい」と語る。

「バーレスクダンスの奥深さや面白いところは、一人ひとりのタレント性やパワーが問われるということ。美しいプロポーションや容姿だけでなく、自分自身でショーの世界観を構築したり、華やかな衣装を選んで着ることができるわけです。

他のダンスのようにグループではなく個人の力量や実力が物を言う世界なので、『リタにショーを頼みたい』と周りから言われるように、これからも頑張っていきたい」

<取材・文・撮影/古田島大介>

【古田島大介】

1986年生まれ。立教大卒。ビジネス、旅行、イベント、カルチャーなど興味関心の湧く分野を中心に執筆活動を行う。社会のA面B面、メジャーからアンダーまで足を運び、現場で知ることを大切にしている

当記事は日刊SPA!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ