肌荒れやイライラ、更年期症状…女性ホルモンのために大事なのは「腸」だった!

女子SPA!

「あ~具合悪い」。なぜだかよくわからないけれど、体の調子がすぐれない…と感じることはありませんか? もしかすると、それは女性ホルモンが関係しているかもしれませんよ。

女性の体はホルモンの影響を受けやすく、とてもデリケート。生理不順や更年期症状など、様々な不調に悩まされることも多く、乳がんや子宮頸がんをはじめ女性特有の病気にかかるリスクも高いといわれています。心身ともに健やかな毎日を送るためには、女性ホルモンと上手く付き合うことが重要なポイントといえそうです。

そこで注目したいのが、女性ホルモンと腸内環境の関係。産婦人科専門医・女性のための統合ヘルスクリニック イーク表参道副院長の高尾美穂先生によると、腸は女性ホルモンとも密接な関係があるのだとか。腸内環境の悪化が、肌荒れやイライラ、更年期症状など女性特有の不調にも影響している可能性があるそうです。

今回は、女性ホルモンと腸をダブルでケアする方法を高尾先生に教えてもらいます。

◆切っても切れない!女性ホルモンと体の関係

代表的な女性ホルモンである「エストロゲン」は、女性の人生に大きく影響するのだそうです。

「エストロゲンは約40年間という期間限定で卵巣から分泌されるホルモンで、分泌量のピークは20代から30代の半ばくらいまで。分泌が活発なこの時期は、生理痛やPMS(月経前症候群)、月経困難症に悩まされることも。子宮筋腫や子宮内膜症、乳がんや子宮頸がんなどのリスクが高まる時期でもあります」(高尾先生、以下カッコ内は同じ)

「30代後半になると、分泌量が徐々に減っていき、更年期に入る40代後半からは急激に減少。すると異常発汗やほてりなどの更年期症状を感じるようになることも。更年期は閉経の前後約5年間の計10年程度続き、最終的にはエストロゲンの分泌量は男性よりも低い値になります」

その後は、エストロゲンに守られていた血管や骨、皮膚、関節などのトラブルや病気が起きやすくなるのだとか。そして、閉経後もこれらのリスクとずっと向き合っていくことになるそうです。つ、つらい…。

◆ホルモンバランスと腸内環境は深い関係

女性の場合、生理周期がホルモンバランスのバロメーターになっていますよね。ただ、高尾先生によると、「毎月ぴったり合っていなくても、1週間くらいのズレであれば問題ない」そう。けどたまに「めちゃくちゃ乱れてる!?」と感じることも…。

「ホルモンバランスが乱れる原因として考えられるひとつがストレス。ストレスによって卵巣が働くための指令を出す視床下部に負荷がかかり過ぎると、うまくエストロゲンが分泌できなくなり、排卵が起こらず生理がこなくなるため生理周期が不安定になってしまいます」

そして、女性ホルモンの乱れとともに起こりやすいのが“腸内環境の悪化”だそうです。

「女性ホルモンの分泌の指令を出している視床下部は、自律神経のコントロールもしています。つまり女性ホルモンの乱れを感じているということは、自律神経も乱れている可能性が高いのです。

また更年期のエストロゲンの減少も自律神経の乱れの原因に。自律神経が乱れて交感神経が優位になりすぎると、腸の機能が低下し、腸内環境も悪化。便秘や下痢、腹部膨満感といった腸の症状が起こりやすくなります」

◆「ホル活」で大切なのは腸のケア

女性ホルモンの乱れと腸内環境の乱れ。このダブルパンチ、なんとかならないものでしょうか?

「女性ホルモンの乱れと腸機能低下をダブルでケアするのが重要です。ここでまず大切なのが、腸内環境を整えること。『脳腸相関』と言われる通り、腸は卵巣に指令を出す脳と密接に影響し合っているだけでなく、女性ホルモンに似た働きをする『エクオール』の産生にも深く関わっています」

女性ホルモンの乱れと腸機能低下をダブルでケア、なるほど!この2つで女性ホルモン力のパワーアップ活動、略して「ホル活」していきたいものです。それにしても“エクオール”ってよく聞きますが、腸と深い関係があったんですね。

「大豆に含まれる抗酸化成分の一種である『大豆イソフラボン』は、腸内で女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをする『エクオール』に変換されます。これを行なっているのが腸内細菌の『エクオール産生菌』です」

ということは、腸がちゃんと動いていないとエクオールもあまり作れなくなる…。

「もともとエクオールを産生できるのは2人に1人とも言われているのですが、もし腸の働きを良い状態に保てなければ、腸内細菌(エクオール産生菌)はうまく働かず、よりエクオールの産生が難しくなります。エクオールの産生量も人それぞれ異なりますが、エクオールをたくさん作れる人は、PMSや更年期の不調が軽いということもわかっています」

だから、日々意識的に腸のケアを行うことがとても大切なのですね。

◆『ホル活』の第一歩は腸と女性ホルモンをケアする食事の継続

では、腸内環境と女性ホルモンの乱れをケアするためには具体的にどうすればよいのでしょうか?

「毎日大豆製品を積極的にとっている人は、エクオールを作れる人の割合が高いという調査結果もあり、更年期症状の改善にも役立つと言われています。大豆イソフラボンをしっかり摂るためにも、1日50mgを目安に継続して摂取しましょう。豆腐なら2/3丁、納豆なら1パック、豆乳ならコップ1杯程度です」

「また、ヨーグルトやキムチ、漬け物など腸内環境を改善する『乳酸菌』を含む食品も合わせて積極的に摂るようにしましょう。

何より大切なのは、どちらも継続的にとること。自分の好きな『大豆製品』と『乳酸菌』を含む食品を組み合わせて、毎日の習慣にしてみてください」

◆「大豆イソフラボン」×「乳酸菌」がおいしく手軽に

それでは高尾先生おすすめの“レシピ”をご紹介します。大豆製品と乳酸菌を含んだ食品を一緒に手軽においしくとれて、朝食にもぴったりな「ヨーグルトきなこトースト」です。

プレーンヨーグルトにお好みではちみつを混ぜてトーストに塗り、その上にきなこをまぶして完成です。

「女性は『女性ホルモンの影響による調子の悪さ』を、月に4.8日、年間約60日も感じているというデータもあります。ストレスによるホルモンバランスの乱れや、更年期のエストロゲンの減少など、女性は一生、女性ホルモンの影響を受けながら日々を過ごしていくことになります」

なんと! 女性ホルモンの影響で、私たちは年間約60日も調子の悪さを感じているんですね…。

「上手に乗り切る第一歩として、まずは『大豆イソフラボン』×『ヨーグルトなどの乳酸菌を含む食品』を取り入れることを毎日の習慣に。なるべくストレスをためず、ハッピーマインドでいることも大切です」

ストレスをためず、大豆と乳酸菌を毎日とる「ホル活」で、不調の少ない日々を目指しましょう!

【高尾美穂】

産婦人科専門医。女性のための統合ヘルスクリニック イーク表参道副院長

医学博士。スポーツドクター。ヨガドクター。東京慈恵会医科大学大学院修了。同大学付属病院産婦人科助教を経て2013年より現職。「すべての女性によりよい未来を」をモットーに、医療・ヨガ・スポーツの3つの活動を通じ、専門的な知識をわかりやすく伝える啓蒙活動に精力的に取り組んでいる。

<文/女子SPA!編集部>

【女子SPA!編集部】

大人女性のホンネに向き合う!をモットーに日々奮闘しています。メンバーはコチラ。twitter:@joshispa、Instagram:@joshispa

当記事は女子SPA!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ