羊の大群がグルグルと…。10日以上も歩き続けるミステリーサークルの謎

221123_sheep
Image: Twitter

沈黙の羊たち。

習性か病気かUFOのお迎えか? 内モンゴル自治区包頭市にいる何百頭もの羊たちが、ただただ円を描くように歩き回る異常な集団行動が確認されました。

病気ではないそうな


羊たちは時計回りにひたすら旋回し、これが10日以上も続いているとのこと。でも彼らの健康状態は良好なのだとか。



牧場主は、全部で34個の囲いに分けて他頭飼いをしているうち、13番の囲いだけがこの奇行を見せていると話しています。羊はリステリア症という病原菌由来の症状でこうなることがありますが、それだと発症から1~2日で死亡するのが普通。今回のケースは10日以上で健康なので、まったくもって原因不明なのです。

他の動物もグルグル


このツイートを見たナイロビ大学のPeter Okong'o博士は、このようにコメントしています。



同じくナイロビ国立公園のシロサイは、反時計回りで旋回しています。マラグア地区では2日間、昼夜を問わず警察署の上を何千匹ものコウモリが飛び回っていたのが目撃されています

一方コロラドでは、コーギー犬が雪に喜び庭駆け回る姿も。



マサチューセッツ州では、路上で死んだ猫の死骸を中心に、野生の七面鳥たちがグルグル旋回する謎行動も。こちらはちょっと閲覧注意でどうぞ。

コーギーはさておき、世界で見られる動物たちの旋回現象。いったい何なんでしょうか? 本人たちに聞いていたいものです。

Source: Twitter (1, 2, 3) via Boing Boing, 阿波罗网, METRO, YouTube via Laughing Squid

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ