これが今のRAISE A SUILENだ! 夏芽・倉知玲鳳と紐解く10th Single「THE WAY OF LIFE」の楽しみ方

SPICE


2022年11月30日(水)にRAISE A SUILEN 10枚目のSingle「THE WAY OF LIFE」が発売となる。パレオ(CV:倉知玲鳳)にスポットライトを当てた楽曲で、終始飛び跳ねているようなフレーズと彼女の持つクレイジーさが合わさり、トリッキーな仕上がりとなった1曲だ。カップリングの「DEAD HEAT BEAT」はまさにその名の通り、デッドヒートを感じる、白熱した疾走感があり、新たなライブでのキラーチューンを予感させる。

SPICEではマスキング役の夏芽と、パレオ役の倉知玲鳳に今回のSingleや、来年2月に控えたPoppin'Partyとの初のツーマンライブなどについてインタビューを行った。2曲とも今後のライブで盛り上がること間違いなしの楽曲に仕上がっている。本インタビューではそのポイントを伺っているので、ぜひ予習して頂きたい!

(本インタビューは11月15日に行なっています)

■RAISE A SUILEN、ブチ上げます!


−−まず、やっぱり直近の話でいうと、『BanG Dream! Special☆LIVE Girls Band Party! 2020→2022(以下「GBP」)』と『ブシロード15周年記念ライブ in ベルーナドーム』がありました。大変お疲れのところ、時間を作っていただいて、本当にありがとうございます。15周年記念ライブではトップバッターを務められましたが、心境はいかがでしたか?

倉知:すごく嬉しかったよね?

夏芽:嬉しかったですね、ぶちあげます!みたいな感じ(笑)。

倉知:すごく光栄でしたし、RASの曲って、みんなでアガれる曲、一気にグッと盛り上がれる曲が多いので、楽曲の特性を存分に発揮できそう!と思ったのと、その役目を果たせるように頑張ろうという風に思いましたね。

−−ベルーナドーム2日連続だったと思うんですけど、GBPの方と15周年ライブだと客層も少し違ったのかな? なんて思ったのですが、何か感じたことなどありましたか?

夏芽:私は、そこまで違いは感じなかったですね。

倉知:私はやっぱり声が出せる、出ないの差があったので、そういう意味で15周年ライブは新鮮な感じがしました。久しぶりの歓声を聞いてすごくウルッとくるものがありましたし、GBPはGBPで、これは私個人の話になるかもしれないんですけど、よりバンドリ!っていうコンテンツのキャラクターを意識して演奏した日だったので、そういうちょっとした感覚の違いもありましたね。

■「RASの軌跡を感じるな」そう感じさせる楽曲たち


−−ホヤホヤな感想も頂きつつ、早速Singleの方のお話にいければと思うんですけれども、SPICE的には前回の「CORUSCATE -DNA- 」から約半年ぶりのインタビューになります。まず軽く今回のSingleの概要をお伺いしたいです。

倉知:ガルパのストーリーの中、特に私が演じるパレオちゃんの気持ちに寄り添ったストーリーがありまして、そのストーリーで登場する曲が、今回の表題曲になっている「THE WAY OF LIFE」という曲です。RASと出会って年月が経ち、自分をしっかり出せるようになってきた今のパレオちゃんに寄り添った曲だなっていう風に思っています。

−−加えてカップリングに入ってる「DEAD HEAT BEAT」の2曲が収録されるということで、今回は2曲ともRASらしいっていうか、初めて聴いたのにすぐに肌に馴染むなという印象を受けて、早くライブでパフォーマンス見てみたいなと思ったんですけど、おふたりの第一印象的にはいかがでした?

夏芽:ライブで盛り上がるなっていうのは、やっぱり最初に思ったし、表題曲に関しては、パレオをフィーチャーしたお話っていうのもあって、頭からキーボードのシンセのサウンドがあるので、パレオちゃんを想像しやすい曲だと思います。歌もパレオのパートが入っているし、そこもいいなって思いました。「DEAD HEAT BEAT」に関しては、パレオとマスキングがちょっとバトっちゃったっていうお話なんですけど、曲を作ってくださったElements Gardenの方もキーボードとドラムが目立つような感じにしてくださって、ドラムだったら「OUTSIDER RODEO」が、マスキングにフィーチャーした曲なのでドラムソロが入ってるんですけど、今回もそれくらい結構バチバチにドラム入ってます!

−−倉知さんはいかがでしょう?

倉知:最初に聞いた時から、どちらも疾走感があって、ライブが想像しやすい楽曲でいいなと思いましたし、2曲ともガルパのストーリーに沿った曲ということで、改めてメディアミックスの強みを感じました。

バンドリ!プロジェクトの中でアニメや、ゲームにも登場させて頂いて、RASとしての10枚目のSingleが、そうやって色んなところに結びついてる楽曲っていうのは「RASの軌跡を感じるな」と。

■パレオの魅力がどんどん花開いている


−−ではここからはさらに楽曲を深堀りしていきたいなと思います。まず「THE WAY OF LIFE」ですが、パレオをモチーフにした曲ということで、倉知さんはご自身の役ですけど、改めて、おふたりから見た"パレオ"ってどんなキャラなのかな?というのをお聞きしたいです。

倉知:RASと会ったばかりの頃は、みんなに気を遣える性格だからこそ、馴染んでるように見えて、実は自分の意見はあんまり言えてなかった部分があったのかな?って、演じながらパレオちゃんを見守ってる中で、そういう風に思うところもあったんです。

アニメが終わってからも、ゲームの中でどんどんRASのみんなの仲が深まっていく中で、チュチュだけじゃなく、他のメンバーにも冗談を言えるような関係になっていて、すごく嬉しいです。今回の曲の歌詞にもそういった部分が反映されているんですけど、クレイジーな部分というか、元々持っていた彼女の魅力がこれからさらに花開いていくんじゃないかなっていうところで、すごく成長が楽しみです。

−−夏芽さんのパレオの印象はいかがですか?

夏芽:パレちゃんって可愛くて、パッとしたすごく明るい感じで、なのに、多分RASの中でも多分ダントツで悩みを抱えているなって思うんですけど(笑)。

でも結構最近だと、色んなパレオの趣味……例えばPastel*Palettesが好きっていうところとか、可愛いもの好きっていう共通点でマスキングと盛り上がってたりとか、パレオも自分を出していけてるのかなって思ってて。

パレちゃんは、メンバーが動く前にもう準備できてますとか、あとなんかちょっと心配なことがあったらすぐ声をかけるみたいな、そういう優しさもあったりするんですけど、そこが、玲鳳ちゃんとすごい共通してるなって。

倉知:いやいやいや!

夏芽:私は、全然それが出来ないから(笑)。玲鳳ちゃんはみんなに気配りも出来て、実際によく声をかけてくれたりするんですよ。よくこういうインタビューとかで「自分の担当するキャラクターと自分の似てる部分はありますか?」って聞かれますけど、パレちゃんと玲鳳ちゃんの、そういうところがすごく似てるなって私は見てて思います。

−−めちゃくちゃ良い話ですね! ありがとうございます。ちょっと脱線しちゃいますけど、どうせなら逆に倉知さんから見た、夏芽さんとマスキングの共通点もお聞きしたいです(笑)

倉知:演奏スタイルは、モーションもやられてるっていうこともあって、そのまんまだなっていう風に思いますし、見た目も似ているので、ライブ中、「本物だ…!」って思います。あとは、夏芽さんもマスキングも、心がめちゃくちゃ清らかで、思ったことにまっすぐだし。なんだろう、悪?邪?の考えがない人だなって。

夏芽:なんか嬉しいんですけど(笑)。

倉知:マスキングはすごく仲間思いな反面、ちょっと不器用なところがあって、その仲間思いっていうのも「こんなに清らかで汚れてない子がいるんだな」みたいな感じで、それを夏芽さんにも感じるというか。不器用さってところは夏芽さんとは違うかなと思いますが!

さっきの逆で、夏芽さんこそ「大丈夫?」って声かけてくれたり、色々と気遣ってくれて、本当にまっすぐな心で私と向き合ってくれるのが、すごくマスキングと似てるなっていう風に思いますね。
倉知玲鳳
倉知玲鳳

■お酒飲めないのに“シラフでクレイジー


−−いや~、ごちそうさまでした! これぐらいにしときましょうか(笑)。続いて、例えばパレオのクレイジーな部分とか、曲の中のココにパレオを感じた!みたいな部分を1つずつ頂きたいです。

倉知:多くの箇所で、シンセが細かいフレーズを弾いていると思うんですけど、その音選びが面白いというか独特で、色んな音がぶつかり合ってる部分もあるんですよ。

この曲は既に1度ライブでやっているのですが、Bメロでパレオちゃんが歌ってるところは特にわかりやすくて、ピアノの音色と、パレオちゃんが歌っている所って、音が半音でぶつかってたりするんですね。普通は絶対にぶつけない方が歌いやすかったりとかすると思うのですが、あえて難しい事に挑戦している。加えて、そこがパレオちゃんのクレイジー感の表現なのかなっていう風に個人的には思っていて、パレオの尖ってる感じが好きです。

−−あー、いま奥でプロデューサーさんもめちゃめちゃ深く頷いてたんで、多分そういうことなんだと思います(笑)。夏芽さんはいかがでしょうか?

夏芽:パレちゃんが歌ってる部分の歌詞って、"クレイジー"っていう言葉が毎回多分出てくると思うんですけど、「シラフでクレイジー」っていう歌詞があるよね?

倉知:ありますあります!

夏芽:パレちゃんは中学2年生なので、もちろんお酒は飲めないのに、それを歌ってるのが面白くて(笑)。この曲を聞くたびに毎回思ってて、ツボです(笑)。

倉知:確かに!私も普段あまりお酒飲まないので"シラフ"って言葉使わないですもん。そんな大人なワードを可愛いパレオちゃんが歌うっていうセンスが!

夏芽:光ってますね!面白いなって思います(笑)。

−−ありがとうございます。やっぱり全体的に楽曲に対して明るい印象があって。クレイジーな部分もそうだと思うんですけど、「Hop, Step, Jump」みたいな歌詞もあったりと、ずっとピコピコしてるというお話もありましたが、全部ひっくるめて楽しい曲だなって印象が強くて、ライブで演奏済みということもありますし、おふたりには演奏してて、ここが楽しいよ!って部分もお聞きしたいです。

倉知:やっぱりサビは楽しいですよね。みんなでジャンプする動きを合わせたり、こんなにずっと細かく飛んでるっていう曲も今までなかったんじゃないかなって思いますし。あとキーボードパートとしては、すごく細かいんですけど、3番のサビ前にちょっとしたブレイクがあって、その時にピアノが「てけてけてけてけて!」って入るところがあるんですけど、これが決まると気持ちいいんです(笑)

−−夏芽さんはドラム的にはどうですか?

夏芽:今回の曲は結構シンプルなんですけど、やっぱりテンポも早めで「いけいけいけ!」みたいな気持ちで演奏出来るのと、シンプルな分、周りを見る余裕があるので「Hop, Step, Jump」の時にみんなが楽しそうにしてるのを後ろから眺めているっていう(笑)。私も飛びたいな……って、ドラムなので無理なんですけど、楽しい気持ちで演奏しています。

■この後は『BanG Dream! 11th☆LIVE』への意気込み、そして二人のプライベートトークも!



■倉知・夏芽の最近ハラハラしたこと


−−続いてカップリングの「DEAD HEAT BEAT」です。この曲はまだライブ未披露ではありますが、曲名の通りアチアチで本当に"デッドヒート"って感じの曲だと思うんですけど、ここのセクション熱いな!みたいなポイントがあればちょっとお聞きしたいです。

倉知:先日声出しありのライブもやったということで、Bメロの「NA NA NA」って部分はみんなと声出ししたらスゴイことになりそうだなと思ってますね。ステージから見た客席の「NA NA NA」がどういう振り付け、どういう動きになるんだろう?ってところが、すごく楽しみな楽曲ですね。

夏芽:そのBメロの振り付けで言ったら、RASでは頭振ったり、手上げたりとかっていうのはあるけど、フリ付きの曲ってあんまり無いんですよね。「灼熱 Bonfire!」が唯一ガッツリ振り付けの入っている曲なんですけど、あの曲はすごく盛り上がるんですよ。だからこの曲でも振り付けを考えたら面白いんじゃないかって思いますね。

倉知:あ!なんか、りこぴんが言ってましたよね。みんなで両手を広げて横に動いたらいいんじゃない?って。そういう意味では遊べそうな曲ですよね。あと先ほど、去年のライブの話もちょっと出たので付け加えると、去年ライブ等でご一緒させていただいたFear, and Loathing in Las Vegasさんのエッセンスも感じるなって、最初聞いた時に思いました。

−−次の質問はぶっちゃけフザケた質問ではあるんですけど、デッドヒートにかけまして、最近ハラハラしたり白熱したことがあれば教えてください(笑)。

倉知:本当に関係ない話で恐縮なんですけど(笑)。先日、とある撮影で浅草の花やしきさんに行きまして、日本最古のジェットコースターというのに乗ったんですよ。

−−ありますね!看板アトラクションですね。

倉知:スタッフさんとかは「いや、全然落ちないから余裕だよ」って言ってたのに、乗ったら全然落ちて。もうすごく落ちて、普通に怖いのが苦手なので、本当にずっと叫んでて、叫び疲れました…(笑)。

夏芽:私も今年、花やしきのジェットコースターに乗ったけど、意外に落ちるよね(笑)。なんなら、ジェットコースターの席の横の部分とかもスカスカで、足伸ばしたら出ちゃうかもみたいな感じで(笑)。

−−いやもう、こういうのを待ってました(笑)。夏芽さんは最近、ハラハラしました?

夏芽:私、オバケとか怖いのが苦手なんですけど、何を間違ったか最近『スクリーム』って映画を見ちゃったんですよ。ハロウィンの時によくみんなが被ってる仮面の、ムンクの叫びみたいな顔のオバケが出てくるシリーズなんですけど。アレをそんなに怖くないからって勧められて見たんです。確かに序盤はそんなに怖くなかったんですけど、ホラーって油断させていきなり脅かすじゃないですか。だから、いきなりドーッて出てきた時に、家で1人なのにめっちゃ叫んじゃいました(笑)。

■必見の2公演が映像化!


−−続いて、今回Blu-ray付生産限定盤には、『RAISE A SUILEN ZEPP TOUR 2021「BE LIGHT」』追加公演の横浜公演と、『RAISE A SUILEN LIVE 2022「OVERKILL」』の映像が入るということで、実は私もこの2つに関しては、SPICEでライブレポートを書かせてもらっていて、一緒に振り返っていけたらと思うのですが、ZEPP TOURの千秋楽は多分ちょうど1年前ぐらいになりますかね?

夏芽:うわ、もう1年前か~!あっという間だね。

倉知:ZEPP TOURを改めて振り返ると、色々な情勢の中で全公演しっかりできたっていうのは、それだけで感動的でしたね。TOURの最終公演って事で、私たちの演奏としても仕上がってるんじゃないかなって思いますし、演奏だけじゃなくて、表情や動きに、より皆さんへの感謝が乗っかっているんじゃないかなと思うので。ぜひ、RASを応援してくださっている皆さんには見ていただきたい公演ですね。

夏芽:ツアーなので、セットリストはそんなに変わらないんですよ。ただその分、細かい違いがよく分かるというか、やってる私たちからすると、段々とみんなの息がガッチリ固まっていってるのが感じられたんだけど、皆はどう思ってたのかな?(笑)。

私たちのライブって基本的にMCが無かったんですけど、今回はMCタイムができて、みんなで前に並んで、その地方にちなんだトークや思い出とかをわちゃわちゃ喋るっていうのがあったので、そこも楽しみの1つにしてもらえると、嬉しいなって思いますね。

−−続いて、『OVERKILL』もさっそく映像化ということですが。

倉知:一緒にゲットできるなんて、スゴいですよね! 『OVERKILL』だけでも相当、曲数もあるのに。ZEPP TOURと箱のサイズというか、野外と室内っていう差もあったりして、すごく見比べごたえのある並びになってるんじゃないかなって思いますし、『OVERKILL』はなんと言っても曲数が今までで1番多かったっていうところで、お客さんも私たちも限界に挑戦していました(笑)。

身体はもちろんですけど「どういうペース配分でやってくのがいいのか」とか、1番頭も使ったなって印象があって、きっと何年か経った時に見ても「すごいことやってたな。この時頑張ってるな」って思えるだろうし、永久保存版です!

−−夏芽さんは、『OVERKILL』を振り返ってみて、いかがですか?

夏芽:『OVERKILL』は曲数も多かったし、RAS史上、そして私も音楽人生の中でトップに入るぐらいにハードな内容だったので、私もそうだし、みんなも意気込んで挑んでいました。観に来てくれたバンドリーマーのみんなも「覚悟して行きます!」って言ってくれていたけど、結局最後の方まで、みんな元気そうだったね(笑)。でも、それを機に自分の体力面とか、ドラムをプレイするフォームだったりとか色々見直しましたし、すごく自信もついたライブだったなと思います。

あとは、しばらくやっていなかった曲もあったり、野外なので日の暮れていく感じとか、確か「Light a fire」のタイミングでバッチリ夕日が沈み始めて、めちゃくちゃエモかったから、あの光景は映像でも感じてほしいなって思いますね。

−−去年の年末ぐらいのタイミングで「2022年はどんな年にしたいですか?」的な質問をさせて頂いて、倉知さんが「挑戦の年になると思います!」みたいなことを言ってたような気がするんですよ。実際に「OVERKILL」や「JAPAN JAM 2022」への出演があったり、本当におっしゃる通りだったのかな? なんて個人的には思ったりもしたんですけど、改めて今年ってどんな年になりましたか?

倉知:私はバンドをRASで初めてやらせていただいたっていうのもあって、そう感じてるのかもしれないんですけど、すごく横幅が広がった一年だったなって感じてますね。色んなフェスに出させていただいたり、それこそベガスさんと一緒にライブをさせていただいたりとか、バンドリ!というコンテンツの枠を超えて、たくさん活動させていただきました。世界がさらに広がった1年になったなっていう風に思います。それに加えて、『GBP2022』や『Mythology Chapter 2』もあり、コンテンツ内での結びつきも深まったと思います!

−−バンド経験者の夏芽さんはどうですか?

夏芽:いや、私も同じような感じですよ!今年のRASを、漢字を一文字で表すとすると“挑"になるのかな。『OVERKILL』もそうですけど、私は特にベガスさんがゲストアクトに来ていただいた『Repaint』は、さらに自分たちをステップアップさせてくれましたし。『SUMMER SONIC 2022』に出るのも夢でしたし、まだ年末に『COUNTDOWN JAPAN 22/23』にも出演させて頂きますし。コンテンツ外の音楽フェスで、まだバンドリ!を知らない人たちに向けて私たちを発信できたのもすごく良かったなって思いますね。

夏芽
夏芽

■絶対にこれは楽しいライブになるだろう!


−−来年2月の『BanG Dream! 11th☆LIVE』はポピパさんとの合同ライブですよね。そこに向けての意気込みなど、伺えたらなと思います。

倉知:ポピパさんはバンドリ!の始祖で大先輩ですので、胸を借りるつもりで。実は私、RASとして活動させて頂くタイミングで、バンドの中でのキーボードって、どういう風に立ち振る舞ったらいいのか? それこそ機材のセッティングの仕方とかまで、色々と市ヶ谷有咲役の伊藤彩沙さんから勉強させて頂いたので。「そんな風にやられているんだ!」ってたくさん舞台裏でも見させてもらいましたし、ライブも客席から見させていただいて、1番影響を受けていると思っているので、そんなポピパさんと一緒にライブって、すごく身の引き締まる思いと言いますか。改めて初心を思い出す機会にもなりますし、この話をするだけで背筋が伸びますね!

−−合同ライブをやるってことは、お互いの曲をシャッフルしたり、コラボみたいなものも期待してしまいます!

倉知:ポピパさんはエモい曲が多いですし、キーボードパートで言うと、キラキラしたピアノの曲が多いですよね。個人的に好きな楽曲も多くて、間近で聴けるっていうのも嬉しいです。大きな声では言えませんが、隙あらば伊藤さんの色んな技を盗んでこようと思っております(笑)。

夏芽:私はポピパさんとの合同ライブが決まった時、実はすごく安心して。Roseliaさんと最初にやって、その次にモニカさんで、ポピパさんまだかなってずっと思っていました。いざ決まってみると、RASとポピパさんって音楽性に極端に差があると言いますか。私たちは荒々しい感じで、ポピパさんはすごくポップで可愛くてエモさも兼ね備えてるバンドなので、その両極端なバンドだからこそできることっていうのが色々あるんじゃないかって。未知の部分にめっちゃワクワクしています! 少しだけ、どんな感じになるかっていうのはプロデューサーさんから聞いたんですけど、まだこれから固めていく初期段階の話から「もうこれは絶対楽しいだろう!」っていうのが分かる内容だったので、本当に楽しみにしていてください!って心から言いたいです(笑)。

−−めちゃめちゃ頼もしいですね!

夏芽:はい!絶対来てほしいです!(笑)

−−了解です! 最後になんですけど、改めて今回のSingleのセールスポイント、メッセージなんかを、ひと言ずつ頂けますか!

倉知:表題曲もカップリング曲も、どちらもすごく盛り上がれるというのは間違いなくて。とても疾走感もあって、テンションが上がる曲だと思うんですね。なので、この1枚をぜひ手に入れて頂いて、日々のテンションを上げてほしいなっていう風に思います!そういう意味では、一日の始まりである通勤通学のお供として、ピッタリなんじゃないでしょうか!

夏芽:この曲は、メンバー全員、初めて聴いた時の印象が「ライブで盛り上がりそう!」でした。「THE WAY OF LIFE」はもう既にライブでやりましたけど、「DEAD HEAT BEAT」も確実にそうだと思うので、ぜひ聴き込んでいただいてライブに来てほしいなと思います。表題曲に関しては、BPMはちょっと早いんですけど、基本のリズムがシンプルなので、ドラム始めてみたっていう人にぜひ挑戦してみて欲しいです! もちろん経験者の方も、演奏していただければ気持ちよく叩ける!って私の言っている意味が分かると思います!

取材・文:前田勇介

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ