米歌姫、クリスマスの名曲披露して「ひどい口パク」と炎上。夢の舞台だったのに

女子SPA!

 毎年、この時期になると脚光を浴びるマライア・キャリーの大ヒット曲『恋人たちのクリスマス』。マライアは先日、クリスマスの定番となっているこの曲を、「幼い頃からの夢だった」という感謝祭パレードで披露。自身の双子の子供たちとも共演し会場を盛り上げたが、その一方でSNSでは「口パクがひどい」「カンペを見ながら歌ってた」などと批判の声があがっている。

◆「子供の頃からの夢だった」パレードで双子と共演!

今月24日(現地時間)、感謝祭の祝日を迎えた米国の各地でお祝いのイベントが行われた。ニューヨーク市では、大手百貨店「メイシーズ」が主催する毎年恒例のパレードが行われ、人気スターたちも駆け付けて祝福ムードを盛り上げた。

このパレードが「子供の頃からの夢だった」と語っていたマライアは、イベントの終盤に登場し、自身の代表作『恋人たちのクリスマス』を披露。演奏中には、元夫ニック・キャノンとの間に生まれた双子のモロッカン君とモンローちゃんが、2つの大きな箱から登場するというサプライズも。

キュートなダンスで、ママの夢の実現をサポートするモロッカン君とモンローちゃんの姿は、会場の観客を大いに魅了した。

パフォーマンス後、マライアはSNSを更新し、「感謝祭おめでとう! 感謝しているし、私の美しい子供達、モロッカンとモンローをとても誇りに思っている」と子供達を称賛。さらに「ファンや人生の貴重な瞬間に感謝。さあ、クリスマスシーズン本番よ!」とも綴り、“クリスマスの女王”としての活躍を今年も期待させている。

◆「口パクしているだけでお金がもらえるなんて…」

愛する子供たちと一緒に夢のステージを実現させたマライアだったが、そのパフォーマンスをめぐってファンの一部から厳しい声が相次いでいる。

赤いドレスにきらめくティアラを着用し、華々しくステージに登場したものの、演奏が始まっても踊りもせず棒立ち状態。歌っている様子は見せているものの、その歌声が全く乱れることもなく、むしろ異様な雰囲気が漂うことに。ファンの中には、1994年に発売されたCDをそのまま流していただけで、本人は口パクなのではないか?と疑う人も。

SNSでは、「マライア・キャリーの口パクは見え見え。隠そうともしない」「彼女が実際に歌うことはもうないのか?」「ただ突っ立って、口パクしているだけでお金がもらえるなんてうらやましい」などと酷評する人が続出。

さらに、あるティックトッカ―は「マライア・キャリーは、演奏中にプロンプターを使っていた」と投稿。「プロンプターで歌詞を確認しながら自分の代表曲を歌っていたようだ」と皮肉った。

この投稿は瞬く間に拡散され、「歌は口パク、そのうえ歌詞も覚えていないのか…」とあきれるムードも広がった。ただ、プロンプターの使用については、ファンから擁護する声も。TVの制作会社で働いているという人は、「放送中にこういうものを使うのは当たり前のことで、一種の安全装置です」とコメント。他にも「生放送や生演奏についての理解が足りないのでは。演奏中、もし音声にトラブルが起きたらちゃんと歌えなくなるからですよ」「他の歌手やアーティストもけっこう使っています」とマライアをかばう声が上がった。

◆2016年の大みそかイベントでも口パクがバレちゃった!

実は、マライアに口パク疑惑が浮上したのは今回だけではない。2016年の大みそかに行われた年越しイベントでも、あるアクシデントをきっかけに、口パクがバレてしまった。その翌年にも同じイベントに登場し、見事に歌い上げて名誉挽回したものの、それから数年後に行われた公演でも、思わぬことから口パクだったことが発覚している。

来月には、ニューヨークとトロントでクリスマスコンサートを控えているというマライア。今度こそ、ファンに生歌を届けられるか注目が集まる。

長い間、口パクが取り沙汰されてきたマライアだが、その人気は根強い。特に『恋人たちのクリスマス』は、毎年12月になるとヒットチャートを賑わせており、2019年12月には発売から25年の時を経てついに全米チャートで1位に。2020年12月には全英チャート1位を獲得した。そして今年も、最新の米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で、早くも25位にランクインしたといわれている。

なんだかんだいわれながら、今年もマライアの『恋人たちのクリスマス』を聞きながら、クリスマスを迎えることになりそうだ。

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>

当記事は女子SPA!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ