40代50代、気にすべきは「首のタテじわ」より「胸のそげ」だった…?【40代の毎日コーデ】

OTONA SALONE



ふと写真に写った自分を見て「誰……?」とぎょっとすることがどんどん増える昨今。

多くは首のタテヨコに走ったシワに驚くのではと思いますが、もうひとつ40代50代が気を付けたい盲点が鎖骨からバストにかけての「そげ胸」なんです。

デコルテの開いた服やVネックを着たとき、なんだか老けて見える…?と感じつつも、はっきりとは理由がわからない「何か」、多くの場合その原因はこの「そげ胸」です。

そもそも、なぜ「そげ胸」になってしまうのか?




女性のバストは、乳腺と脂肪、主成分がコラーゲンのクーパー靭帯で主に構成され、

それらを大胸筋などで支えている仕組みになっています。

40代以降になると、体内のホルモンバランスの変化によって

肌のハリや弾力がなくなったり、脂肪がつきやすくなることで、

バストが全体的にやわらかくなっていきます。

そしてバストを支えている大胸筋が衰えると胸の上部が重力で下垂していき、

次第に胸がそげて見えるようになってしまうのです。

さらにそこへ日常生活のさまざまな刺激が加わることで、

バストラインをキープする役割のクーパー靭帯まで伸びてしまい、

重力にあがらえないままバストはどんどん垂れることに・・・。

実は物を取ろうとする動きや、かがむだけでも刺激になってしまうのだとか!

「そげ胸」を防ぐために今からできることは?


クーパー靭帯はバストの揺れ動きによって伸びてしまうので、

何よりバストを安定させることが第一なのだそう。

自分に合ったブラを正しく着け、しっかりバストを納め、

バストごと引き上げてキープする習慣づけが大事。

でも、これから習慣化していくとしても、

とにかく今から「オバ見え」を脱却したい!というのがリアルな私たちの気持ち・・・。

ワコール ラゼのブラなら「オバ見え」から「マイナス5歳見え」が叶う!?




手軽に「オバ見え」脱却におすすめなのが、ワコール ラゼの「胸もと年齢マイナス5歳をめざすブラ」。

カップの内側のリフティングシートが胸全体を持ち上げるので、

まぁるくてキレイな胸のシルエットが作れてパカパカしないし

サイドのはみ肉をおさえる仕様なのでアウターにも響きにくい!

アンダーとカップ脇上辺には、ワコールならではの

肌触りが良い綿混素材が使われているので、揺らぎ肌にもノーストレス。

一目で明るい気分になれるデザインだけでなく、

「そげ胸」の悩みを解決する機能も兼ね備えているなんて!

「ワコール ラゼ」を着けることで、自分の体の変化もポジティブに受け入れられるかも!

「ワコール ラゼ」が人気洋菓子店「京都北山 マールブランシュ」と限定コラボ中!




創業の地が同じ京都である「ワコール」と洋菓子店「マールブランシュ」は

2022年春夏シーズンに初めてコラボレートし、大好評を得たことで

秋冬シーズンでも第2弾としてコラボレーション商品を企画。

マールブランシュで人気の焼き菓子やチョコレート全4種からイメージしたブラジャーを、

繊細かつ華やかなデザインで展開中。着用した自分の可愛さに思わず感動します!

プレゼントキャンペーンも11月30日まで行われているので、要チェックです!

〇キャンペーンの詳細
URL https://www.wacoal.jp/lasee/special/

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ